« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

父の葬儀を終えて

6月5日にかねてより闘病中だった父が亡くなりました。

家族はみな覚悟していましたが、やはり病院から「すぐ、来てください」と電話があったときは動転しました。

病院に駆けつけてから約半日、最後は眠るように逝きました。いろいろと心残りはあるものの、母と姉の3人で看取ることができたのがせめてもの救いです。

実は、6月5日と6日は旅行に行く予定になっていました。

それがある事情でキャンセルになったのですが、今おもえば何か虫のしらせだったのかもしれまません。

さて、覚悟していたとはいえ、通や、告別式などは初めてのこと。やっぱりいろいろと大変でした。

そして、悲しみに浸る間もなく3日間がすぎ、葬儀の翌日ほっとしていたところにこんどは次から次に電話がかかってきました。

「お墓の準備はできていますか?」「お返しの品のご用意はありますか?」

いったいどこから個人情報が漏れるのか・・・・・。何件か同じような電話が続き、あまりに腹がたったので

「失礼ですがこちらに不幸があったことをどこでお調べになったのですか?」と聞いてみたところ
「葬儀場の看板をみました・・・」だそうですー。

確かに故人の名前は書いてありますが、それでどうやって住所や電話番号までわかるのでしょうか???

あきれてしまいました。

葬儀屋さんからなのか、お礼状の印刷を依頼されている会社なのか、そんなことはどうでも良いといえば良いことですが、たとえお墓の用意が必要だったとしても、お返しの品の準備をしなくてはならなかったとしても、葬儀の翌日に無神経な電話をしてくるような会社にはお願いしたいとは思わないです・・・・。

皆さんはどう感じますか?

ちなみに、翌々日に一社だけ申し訳なさそうに訪問してきた会社がありました。相手の状況がわからない電話という簡単な手段をつかうよりも、わざわざ足をはこんでくださったその会社には
少しだけ誠意を感じました。

尚、父の希望で葬儀は家族だけでひっそりと執り行いましたが、一部の方からは暖かいお見舞いの言葉をいただきこの場を借りて御礼申し上げます。

*************************************

コーチングバンクに登録しています。ランキングは↓からご確認ください。
http://www.coachingbank.com/coach4+index.id+149.htm

*************************************

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »