« 可能性に気付く | トップページ | 「言葉を変えると、行動が変わる」 »

アナログ・コミュニケーション

また、悲しいニュースがありました。

女子高の授業中に隣に座っていた同級生を刺したとのこと。

「普段からうるさいと思っていた・・・・」そうですが、刺した女子高校生は、もしかしたら周りから攻撃的な言葉を投げられていたのかもしれないと思うと悲しくなりました。

最近、小さな子供を連れたお母さんが、子供に話しかけることなくず~っと携帯電話をみている光景が目につきます。

また、先日は電車の中の高校生4人を観察していたのですが、黙々と携帯を見る人、イヤホンで音楽聴く人。

双方向のアナログコミュニケーションが全くなくて心配・・・と思っていた矢先の事件です。

こうなると、学校の授業に「コミュニケーション」という科目をつくってもらって、わざわざ双方向のコミュニケーションの方法を学ぶ必要がありそうな気がします。

とくに、アサーションとリフレーミングを知ってほしいですね。

アサーション=「お互いの立場を尊重して率直に話す」

リフレーミング=物事の捉え方を変える

このままでは本当に心配です。

xxxxxxxxx

コーチングバンクに登録しています。ランキングは↓からご確認ください。  
http://www.coachingbank.com/coach4+index.id+149.htm 

xxxxxxxxx

|

« 可能性に気付く | トップページ | 「言葉を変えると、行動が変わる」 »

コーチング&コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/48651079

この記事へのトラックバック一覧です: アナログ・コミュニケーション:

« 可能性に気付く | トップページ | 「言葉を変えると、行動が変わる」 »