« 生産性の船・洋上研修2009年2号船~アフターファイブ | トップページ | 新しい命 »

生産性の船・洋上研修2009年2号船~成果発表と解団式

洋上研修の報告は今回が最後です。

今日は成果発表会と解団式の様子です。

船内研修の最終日には各ブロックの代表が成果発表を行います。

この成果発表は順位を決めるものではなく、どのようなプロセスで話し合いがされ、その結果としてまとめられたメッセージを伝えるものです。全ブロックの発表が終わると、団長が総評を伝えてくださるのですが、今回はとても印象に残るコメントでした。

田村団長にとっての評価の視点は「突き抜けているかどうか」とのこと。それぞれ発表されたメッセージから印象に残るポイントを的確に指摘してくださいました。

「美しい人になろう」「部下に対しても過ちを認め詫びる姿勢を持とう」など、団長にとって「突き抜けている」というのは、過去の常識にとらわれない、新しい視点という意味だと受け取れました。

洋上研修は階層別にブロックが構成されていますが、管理職ブロックの発表に対してはやや厳しいコメントがあり驚きました。つまり「突き抜けていない」ということだそうですが、「上手にまとめられているが、どこにでもあるような、平凡な内容でだったのが残念だった」とのこと。

あたりさわりのないコメントをされる団長が多い中、こういった厳しいコメントをした団長にはこれまでお目にかかったことがありませんでした。確かにヒヤヒヤしましたが、逆にそれは期待の裏返しなのかもしれません。

最近は「いい人」になりたい傾向が強く、厳しい指摘をしないリーダーが増えているといわれています。 田村団長のご指摘は、「バッサリ」切り捨てているようで、実は「期待感や愛情があるならあえて指摘することが大切だ。」ということを身をもって示してくださったのかもしれません。

実は、田村団長にはブロック別研修にも顔を出していただき「経営者としてチームリーダーやプロジェクトリーダーに期待すること」という内容で20分くらいお話をいただき、その後ブロックのメンバーとの質疑応答の時間もとっていただきました。

期待するリーダー像は「経営者の視点を持つこと」「部分最適ではなく、全体最適を意識して考え行動すること」というものでした。 このメッセージはブロックメンバーにとても印象に残ったようで、先日事務局から届いた報告書にも「全体最適」というフレーズを書きとめている人が多かったです。

「経営者の視点」~確かに大変なことだと思いますが、意識することできっとすばらしいリーダーになれると思います。

成果発表に続く、解団式では例の「婚活コンパ」の幹事の方が挨拶されましたが船内研修が始まるときに団長が講和の中で触れた「全力で事にあたる」ことの大切さを受けて「全力で話し合いをし、全力で酒を飲み、全力でたくさんの人と触れ合った」ととても心に残る挨拶をしていました。

大人になると忘れてしまった「熱い思い」が湧いてきてちょっと涙が出てしまいました。

ところで、Cブロックの皆さんへブロック研修の最後にお伝えしましたが、急激な変化はストレスになりますが、今回の経験を胸に秘めて、あせらず、ひとつでも取り組める課題を一つ一つクリアして行きましょう。

|

« 生産性の船・洋上研修2009年2号船~アフターファイブ | トップページ | 新しい命 »

生産性の船・洋上研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/46850183

この記事へのトラックバック一覧です: 生産性の船・洋上研修2009年2号船~成果発表と解団式:

« 生産性の船・洋上研修2009年2号船~アフターファイブ | トップページ | 新しい命 »