« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

花柄のシンク

花柄のシンク
あづい…ですね~。

今赤坂のアークヒルズの中国料理・トゥーランドット遊仙境にランチに来ています。

トイレに入ったら花柄のシンクに花柄の蛇口の栓で、あまりにきれいなので思わずパチリ?

さぁ、これから外にでて次の仕事場まで10分歩きます。

汗だくになりそうでコワイ…

つかの間の優雅なひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15分前

私の課題はいつもお約束の時間ギリギリに到着するのをやめて15分前に到着する事。

でもまだ時々遅刻をしてしまう事も…。


最近は新しい仕事の打ち合わせで初めてお目にかかる方も増えてきたので必ず15分前到着を自らに課しています。


今は18時からの打ち合わせに20分前に到着し丸の内オアゾの4階にあるカフェにいます。

夕方から雨です。


雨粒がガラスを伝っておちるのを眺めたりしてなんだかほっとした気持ちになります。


時間にゆとりを持つのは良い事ですね。


こうやって日記にも書いたし有言実行しなくては…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック

映画のチケットがあったのにずっと観にいけず上映が終わる寸前にやっと観にいってきました。

「スタートレック」ー小学生の頃、テレビで観ていて大好きでした。

「ターミネーター4」や「トランスフォーマー・リベンジ」も観ましたが、SF映画といいつつも、戦闘シーンは空手みたいな感じのシーンがあったり、レトロでアナログな要素もあって3本の中では一番良かったです。

今回はスポックとカーク船長の若き日の物語りです。

バルカン人と地球人のハーフとして自分の居場所が見つからず、連合軍に志願する若き日のスポックと、同じように自分自身の進むべき道がみつからずに苛立つ若きカーク船長。

自分で選んだん道だから「どんなに危険でも絶対にやり遂げられる」と信じ挑戦していく姿が感動的!

キャリア・コーチとしては、これからどんな出来事が二人を成長させていくのか、シリーズ化されそうなので次回作もとっても楽しみ!。

ところで、カーク役の「クリス・パイン」はブラッド・ピットとデカプリオをたして2で割ったようで、若き日のやんちゃな雰囲気がよく出ていて魅力的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まおちゃん がんばれ!~山口真生ちゃんを救う会

今日は皆様にお願いです。

千葉在住の山口真生ちゃんが重度の心臓病で苦しんでいます。

真生ちゃんのアメリカでの心臓移植手術の早期実現に向けて、ぜひ皆様も募金や知人の方へのお知らせなどご協力をお願いします。

お父様は八王子ご出身とのことで有志の皆さんが八王子駅前で募金活動をしています。

まおちゃん がんばれ!


パンフレットはこちらからダウンロード出来ますのでぜひコピーして職場や知人の方に協力をお願いしてください。

ご自分のブログで紹介できる方はぜひお願いします。

以下関連のサイトです。

真生ちゃんを救う会HP:http://www7.plala.or.jp/maochanV/

携帯版HP:http://www7.plala.or.jp/maochanV/m/

メールでのお問い合わせ: maochan-toiawase@amail.plala.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POS パーソナル・オペレーション・システムを知る

土曜日はCOACH21のトレーニングに行って来ました。


コーチの資格は二年毎に更新する為に一定の時間トレーニングに参加する事が条件になっています。もちろんコーチングの時間も申告します。


今回は国際コーチ連盟のマスターコーチ・市毛智雄コーチのトレーニングを選びました。


タイプ分けを開発された方だと伺い私がアセスメントツールとして使っているハーマンモデルと同じアプローチなのでその辺りの事も伺いたくて楽しみにしていました。


テーマはPOS=パーソナル・オペレーション・システム 自分の物の見方や捉え方のクセ、 要は パターン化した行動・感情・考えを引き出す認識構造 を知り セルフイメージを明確にして自分を認めた上で違う考えや感情を受け入れる……


つまりコーチにとってはコーチングで成果をもたらす為にはクライアントさんのPOSを理解する事は大切なキーポイントになります。


まずは自分自身を良く知りありのまま受け入れる……全てはそこからっていう事を再確認。


だけどハーマンモデルでも言っているように元々持っているPOSは30パーセント、残り70パーセントは後天的なものなので 「なりたいセルフイメージ」を描いて、変わりたい、 変われると思う事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頼りになるお姉さん~ファイナンシャルプランナー芳川幸子さん

今日はファイナンシャルプランナーとしてお金のみならず人生の相談にも乗ってくれる頼りになる「アイビーライフコンサルティング」のファイナンシャルプランナー「芳川幸子」さん

http://www.ivylc.com/index.html

と芳川さんが主催されるセミナーのご紹介です。

人生の目標を達成するために「お金」に関する課題はつきものです。結婚し、子供が生まれ、その子育てや教育資金を準備し、家やマンションの購入を検討し、生命保険や損害保険、そして、老後の心配・・・などなど・・・はぁ~・・・

でも一人で悩まずまずは相談してみませんか?

銀行や証券の窓口はちょっと勇気がいるけれど、芳川さんなら保険や投資に関する幅広い知識と自分自身の経験に裏打ちされた具体的なアドバイスをしてくれます。

芳川さんはシングルの女性にとっては「行動しなくちゃはじまらないよ!」と背中を押して応援してくれる頼りになるお姉さんという感じです。

7月8月には↓のセミナーも予定されています。会場となる丸ビルの24階にあるウォルトンジャパンの会議室も興味深々ですね。

●女性のための『元気と勇気が湧く』セミナーのお知らせです。
『女性のためのヴィジョナリーライフセミナー』 (各回共通内容)
~自分の未来に明確なVISIONを~
※visionary・・・先見の明のある, 洞察力[ヴィジョン]を持った

自分の未来にスポットライトを当てて、後悔も心配のないように、『心と体と経済力』を鍛えましょう。女性の長い人生を、ポジティブに生き抜くための資産作りノウハウを学べます。

日時:
1)7月25日(土曜日)14:00~16:00
2)7月27日(月曜日)18:30~21:30
3)8月22日(土曜日)14:00~16:00
4)8月31日(月曜日)18:30~20:30

場所:
丸ビル24階 ウォルトン・ジャパン会議室
http://www.waltoninternational.com/lang_japanese/waltonofficelocations.php#Tokyo

参加費:
2000円(お茶菓子付き)当日受付にてお支払いください。

お申込み:
芳川幸子さんのホームページのお問い合わせフォームより(ご希望日と詳細をお知らせください。)

http://www.ivylc.com/contact.html

| | コメント (0) | トラックバック (5)

すごい人がいたものです・・・平田大一氏&「肝高の阿麻和利」東京公演

昨夜は中馬企画の中馬幸子さんが企画した「人と企業が輝く経営を目指して」という講演会に行ってきました。

スピーカーは「人と経営研究所」所長の大久保寛司氏とリッツカールトンホテル日本支社長の高野登氏、そして沖縄・うるま地域の中高生を中心とした「現代版組踊(沖縄版ミュージカル)肝高の阿麻和利」の脚本・演出を手掛けた平田大一氏。

後援会のテーマは「いかに人をやる気にさせ、輝かせることができるのか」でした。

中馬さんからは「サプラズがありますから・・」と伺っていたのでどんなことが起こるのかとても楽しみでしたが、その期待どおりただの「講演会」ではなく、なんとも表現しようがない、とても素敵な時間でした。

もちろん、いつものように大久保氏や高野氏のお話は心に響きましたが、今回一番楽しみにしていたのは平田大一氏です。

平田大一氏は、子供達の感動体験の場をつくり、ふるさと再発見と子供たちと大人の共同参画によるまちづくりを目的に沖縄県うるま市の中高校生が出演している現代版組踊「肝高の阿麻和利」の脚本と演出を担当しています。

行政・演劇・子供が苦手だった平田氏がいまではその3つは自分にとってはなくてはならないものになったとおっしゃっていましたが、「肝高の阿麻和利」は「地域の歴史・文化を基調とした地域発信型オリジナル人材育成プロジェクト」のモデル事業となり自治体や企業からベンチマーキングされる活動となっています。

平田氏は存在そのものが人を惹きつけ、彼がいたからこそ、この事業が成功したのだと納得しました。

人をやる気にさせるのは、まずその人がもつ人間力だと再確認。

「楽しい!」という気持ちがいかに人のやる気と能力を引き出すのか、

本気で褒めて、本気で叱ることがどんなに大切なのか、など、など・・・。

笑って、泣いて、平田氏の持ち時間の45分間はあっという間でした。

文字では伝えきれないので多くは書きませんが、次回また機会があれば平田氏のお話をじっくり聴きたいと思います。

講演会の最後には今年「肝高の阿麻和利」を卒業し、東京で8月に予定されている東京公演の事務局をしている二人の若者がアンコールで踊る曲を踊ってくれました。 これがサプライズだったのですね♪

平田氏に出会えたうるまの子どもたちは幸せだなぁ・・・と心から羨ましくなりました。

「肝高の阿麻和利」東京公演の詳細は↓です観ないと。絶対に損します。

8月19日の講演は東儀秀樹氏も共演します。

http://amaaka-tokyo2009.jp/

このサイトからチケットの申込ができますが昨日後援会に参加した人からの申込が殺到するはずなので、お早目にどうぞ!

平田氏の関連サイトをいくつかご紹介します。

http://hiratadaiichi.ti-da.net/

http://daiichigayuku.ti-da.net/

http://www.tao-factory.com/

http://amawari.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「弁護士はサービス業」~篠原総合法律事務所

人生の中でもっと早く知りあっておけばよかった・・・と思う職業の一つが弁護士さんです。

私の周りでも、「弁護士に相談していればよかった・・・」とつぶやいている友人がたくさんいます。

どうしても敷居が高いイメージがありますが、そんな心配をせずに気軽に相談に行ける弁護士事務所がありますのでご紹介します。

「篠原総合法律事務所」の篠原 一廣氏です。

お話をうかがっていておどろいたのは、「弁護士はサービス業ですから」とサラリとおっしゃっていたことです。

一番のアピールポイントは「迅速で的確な対応です」とのこと。

私もいくつか手短にご相談したのですが、公平な視点からポイントをおさえたアドバイスをいただきました。

「悩む前にまず!」

尚、通常305000円の相談料が無料になる月3回の「無料法律相談」もあります。

日程など詳しいことは↓のHPでご確認ください。

http://www.shinohara-law.jp/outline.html

電話でもメールでも相談に応じてくれます。

訪問する場合も御茶ノ水駅から徒歩6分、小川町の交差点から1分で都内在住の方には便利な場所に事務所があります。

以下連絡先です。「宮澤からの紹介」とお伝えください。

〒101-0053
東京都千代田区神田美土代町9-7 千代田21ビルディング10階
電 話 03-5282-3367
FAX 03-5282-3368
メールアドレス info@shinohara-law.jp


(東京弁護士会所属 登録番号28305)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »