« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

マンスリーレンタカー~株式会社アイ・ティ・エス「smile」レンタカー

昨年の秋に自家用車を持つことをやめました。平日は仕事ですし、休日もほとんど必要がなくなりました。逆に車があることで近所に買い物に行く程度でもついつい車に乗ってしまい運動不足の原因にもなっていました。

今はもっぱら自転車かウォーキングです。経済的でエコにもつながります。
>
それでも時々車を運転したいな~と思うことあるので週末一泊で出かけるときには、レンタカーを借りているのですが、マンスリーレンタカーというとってもお得なプランがあることを知りました。
>
株式会社アイ・ティ・エスの
http://www.its-smile.co.jp/

「smile」レンタカーです。
>http://rentacar.its-smile.co.jp/

7月4日までに予約をすると、キャンペーンで1000cc~1500ccの乗用車が一ヶ月39800円、ETCナビ付きで49800円だそうです。

キャンペーンについては↓
http://rentacar.its-smile.co.jp/campaign.html
>
私の場合は借りた車を駐車するスペースはあるので、一ヶ月以内に週末に2回くらい出かける予定があればそのたびにレンタカーを借りるよりもマンスリーで借りてしまったほうがかなりお得です。

こんなにお得な値段を出せるのも、法人のお客様が多いので時々しか運転しない個人向けのレンタカー会社よりも事故率も低く、保険料も安くなることが要因の一つだそうです。

なるほど~♪


株式会社 アイ・ティ・エスは法人向けのリース事業もあり、車の仕入れに精通していることが強みだそうです。独自のネットワークと車の状態を見極める確かな目で質の高い新古車や中古車を揃えているので特に個人タクシーの運転手さんたちの間では「smile=スマイル」といえばご存知の方が多いとか。


私も先日都内で個人タクシーに乗りましたが、その運転手さんはご存知でした。 新車でなくても新古車やグレードの高い中古者を購入すればコスト削減につながりますね。

車の買い替えを検討している個人タクシーの運転手さんをご存知の方はぜひ紹介してあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

土日は2日ともセミナーでした

6月20日は カスタマーズ・アイ主催のコーチング&コミュニケーション体験セミナーでした。

参加者の皆さんから「楽しかった」「ためになった」「さっそく試してみます」という声をいただきとても嬉しかったです。

そして昨日は6月7日と2日間でセットになった チームエイムスのキャリアデザインセミナーの2日目でした。

参加者の皆さん同士の交流から生まれる気づきがあり、「こんなにわきあいあいとしたセミナーは初めて」というお声もいただき、グループコーチングのような効果もあったようです。

セミナーの詳細はまた明日以降にアップしますが、まずは土曜日と日曜日、お休みの日にセミナーに来るという選択をしてくださった皆様に感謝したいと思います。

ちょっと疲れているけれど、今週もアポイントがたくさんあるので、一人一人の方としっかり向き合いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

smile‐マンスリー・レンタカー

記事は後でアップします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅員同士がケンカとは!

今朝、都営大江戸線に乗り、六本木駅に着いたときに20メートル位先から男性同士が言い争う声が聞こえてきました。

あ~ぁ、またお客同士のケンカかしらん・・・と思って見てみると、何と!駅員同士がなじりあっているのですwobbly

さすがに発車の合図をするときだけはいったん中断していましたが、ドアが閉まって電車が走り始めると、すぐにまた罵倒しあっています。

・・・ってまだホームに沿って車両が走っているんですけど・・・
・・・ホントはお客様の安全確認しなくちゃいけないんですか?・・・

長年、公共交通機関を利用してきましたが、こんなことは初めてです。

石原都知事、こんなんで大丈夫ですかぁ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助成金の活用について

5月から参加している異業種交流会でさまざまな業種の方とお互いのビジネスについて情報交換をさせていただいています。

単なる名刺交換だけではビジネスの詳細を知ることはできませんので、1 to 1のミーティングをお願いしてさらに詳しくお話をうかがっています。

そのミーティングからの情報をすこしずつお伝えしたいと思っています。

今日は「助成金を活用した事業拡大・経営革新の支援」に特化したコンサルティングをしている

「アライブ・ビジネス」の淡河敏一 氏をご紹介します。

http://www.alive-business.com/index.php

私が無知だったのかもしれませんが、お話をうかがって世の中知らないと損をする情報が山ほどあるんだなぁ・・というのが実感です。

ちょうど今、経済産業省が「ものづくりへの特別支援事業」として570億円の予算を組んでいるとのこと。

詳細は↓からご確認いただけます。

http://blog.alive-business.com/?eid=845275

高い技術があるにもかかわらず資金不足で事業が発展しない、また後継者がいないなどの理由で泣く泣く廃業をしてしまうなど、そういった企業を少しでもサポートしたいという高い志をお持ちです。

「いろいろな会社の社長と事業計画書を作成するためにヒアリングをしたりしていると、それだけで社長の顔が生き生きとし、元気になる」とおっしゃっていますが、これぞまさしくコーチングでいうところの「オートクライン」=(注)「自分で話した言葉が自分自身に作用すること」です。

お話をうかがう中で「淡河さんが他との差別化で強みとしている点は何ですか?」とお伺いしたところ、行政との強いパイプと、もう一つは文章能力とのこと。

ご紹介したページをお読みいただいてもわかるように、難しい内容を分かりやすく説明してくださっています。

助成金の申請にあたっては、審査する側のストライクゾーンにはいるような申請書の組み立てや表現がとても大切な要素になるそうです。

淡阿氏は俳句がお好きでメールマガジンやHPでもご紹介されていますが、短い文章でポイントをおさえた表現をされるのは、俳句から影響をうけていらっしゃるのかもしれないと、そんな風に拝見しています。

一度詳しい話をきいてみたいという方や助成金についてタイムリーな情報提供をするメールマガジンの配信を希望される方は宮澤からの紹介とお伝えいただいた上で直接お問い合わせください。

目からウロコの情報がきっと手に入ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »