« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

6月20日 コーチングコミュニケーション・体験セミナー 

6月20日(土) に 東京・西八王子でコーチングコミュニケーション・体験セミナーを開催します。

詳細は下記です。

セミナータイトル:
「相手のハートをギュっとつかむ会話術」
~男っぷり、女っぷりが10倍アップするコミュニケーション5つのツボ~

日時:6月20日(土) 12時ー16時

場所:カフェ「慶」  JR西八王子駅 南口徒歩3分

        東京都八王子市台町4-43 ローズハイツ八王子B-101  TEL/042-659-1130

http://maps.google.co.jp/maps?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4SKPB_jaJP314JP314&q=%E5%85%AB%E7%8E%8B%E5%AD%90%E5%B8%82%E3%80%80%E5%8F%B0%E7%94%BA4%E4%B8%81%E7%9B%AE43&um=1&ie=UTF-8&split=0&gl=jp&ei=aEohSoLdEcuJkQXGkvn3BA&sa=X&oi=geocode_result&ct=title&resnum=1

参加費:10,500円

職場や家庭の中で、お客様や上司・部下、親子・恋人・友人との関係が「何だかうまくいかない・・・・・」と悩んでいらっしゃる方が多いと思います。

そんなときは、会話にちょっとした工夫をするだけで、男っぷり、女っぷりがあがり、相手に与える印象が変わり周りの人とのコミュニケーションがぐーんと楽しくなります。

私の体験談(失敗談も!)を盛り込んで、すぐに使えるヒントをお伝えする楽しいセミナーです。

お申し込みは↓をファックスするか

「APPLICATION.xls」をダウンロード

メールで お名前・メールアドレス・ご職業・お電話番号・メールアドレスを書いてinfo@customers-eye.com へ。

ご参加お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相澤会長と越智会長のセミナーから

21日に参加したセミナーのスピーカーホンダカーズ中央神奈川(大和市)の相澤賢二会長とタビオ 越智直正会長のお話から印象にのこったキーワードとエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

ホンダカーズ中央神奈川(大和市)の相澤賢二会長

ーお客様は月謝を払ってくださる先生

ー「仕事」と「作業」は違う

たとえば整備を担当するサービスマンの仕事を例にとっていえば、ただネジをしめるだけ>作業。お客様のことを思ってしめるネジ>仕事

ー業務はすべて先輩が率先垂範>先輩がマニュアル

ー整理・整頓・清掃、とにかくこれが一番大切

ーアンケートの普通の評価は0点と同じこと

ーサービスとは心のこもった応対、人が人に心遣いすることと

自動ドアでは歓迎していることが伝わらないのでドアはすべて手動式で社員が開けてお客様を招き入れるそうです。

ー得することを考えるのは社員でもできる、損を決めるのが幹部の役目

(エピソード)

ホンダカーズは訪問販売ではなくいち早く店頭販売をとりいれたディーラーです。

来店促進のためには来店したお客様がまた来たいとおもってくださるような接客やサービスをしなければといろいろ取り組みをし、今では同業他社のベストプラクティスになっています。

例えば来店促進のために1000円でオイル交換をするサービスを始めたそうですが、当初は「余計な仕事」と感じる女子社員やサービスマンが多かったそうです。

そこで、女子社員やサービスマンのモチベーションをあげるためにオイル交換ボーナスを導入し、オイル交換の売上の半分を女性社員とサービスマンに均等に支払ったとのこと。

これで「お給料はお客様からいただくもの」という意識が増し、歓迎の笑顔やオイル交換のスピードもあがったそうです。

ただ「がんばれ!」とおしりをたたくのではなく仕組みづくりができていてはじめて成果がでるのだということですね。

また、女子社員には勤務時間中にお茶のお稽古をしているそうです。躾や作法を学び女性としての品格をあげてもらい、自尊心を高めてもらいたいと始めたことだそうです。ところが、もう一つ社員同士の情報交換の場にも役立っているそうです。

各店舗ではお客様にお茶を出すテーブルのテーブルクロスは季節感をだすために頻繁にとりかえるそうです。実は、テーブルクロスは買うと意外に高いものです。ある店舗の女性社員が「うちはミシンを買って手作りしているわよ・・・」の一言で他の店舗でもミシンを買い、コストも安く頻繁に季節感をだしたテーブルクロスに取り換えお客様にも喜んでいただけるようになったそうです。

タビオの越智直正会長

ー一流の靴下屋になる、世界一になる。

ー誰でも同じ速さで墓場にはいる道をすすんでいる。それは心臓のが脈打つ速さ。

ー日本人優秀な民族である、もっと自信をもつべき

ー術ではなく道、道のないものは滅びる

ー常に全力投球

ーニコニコ顔の命がけ

ー問題を先送りするから悩みになる、先送りせずに解決する。

ー経営とはもともと仏教用語、若い経営者はまずそれを知るべき。

以上です。

お二人のお話からは本当にいろいろと気づかされることが多かったです。文字では伝わらないのでぜひ直接聴く機会をつくってください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

第9回「日本を元気にするセミナー」

昨日はDO ITのビデオでおなじみの株式会社ブロックス主催のセミナーに参加しました。

その名も日本を元気にするセミナー」

詳細はブロックス DO IT 編集長西川氏のブログをご確認ください。

ゲストスピーカーは顧客満足度ナンバー1の自動車販売会社・ホンダカーズ中央神奈川(大和市)相澤賢二会長と靴下の製造販売で業績を伸ばしている「タビオ」の 越智直正会長です。

関連の情報は下記のサイトをご覧ください。

ホンダカーズ中央神奈川(大和市)の相澤賢二会長http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090129/184317/

タビオ 越智直正会長

http://visionet.jp/biginterviews/tabio/index.html

相澤会長の講演を聴くのは二回目、越智会長は初めてです。

お二人のお話の中で印象に残ったキーワードはまた明日アップします。

相澤会長も越智会長もユーモアーのセンスも抜群で、表情がとても豊かです。私は常々経営者はチャーミングでなければ!と思っていますが、そういう意味ではお二人共とてもチャーミングでした。

越智会長は元気いっぱい!舞台の上を右へ左へ動き回りながらのお話で、マイクで声が拾えない・・!ピンマイクのほうがよかった感じです。

セミナー後の懇親会では相澤会長はじめ、Audienceとして来場されていたThe Ritz Carlton Hotelの日本支社長 高野登氏とも名詞交換をさせていただき、コーディネーターの大久保氏とも4年ぶりぐらいでお話をすることができ、いろいろと刺激の多い時間でした。

株式会社ブロックスは成功企業の秘密をビデオにまとめ販売していますが、スタッフの方から取材を通して「顧客視点の仕組みづくり」や「おもてなしの心を育てる社風」など多くの学びがあると伺ったことがあります。

その成果のひとつなのかセミナー会場入り口には「ご自由にどうぞ」とかいてお水やスナックがおいてあります。皆さん気の向くままそれを1つ2つ手にして会場へ・・・。また休憩時間にはコーヒーやジュースなどのソフトドリンクもおかわり自由で用意してくださっていました。

Okashi1

そのせいか、会場全体が堅苦しくなくリラックスした雰囲気に包まれていました。

このセミナーは定期的に開かれており、次回は106日に予定されています。詳しくは↓をご覧ください。

http://www.doit-fun.jp/seminar/2009/detail/1006.php

このセミナーでは理論ではなく具体的な実践方法が学べます。また顧客満足を学ぶ上での人脈も広がりますのでぜひお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯紛失~実は見つかっていたのよね・・・

先日(55日)私鉄のK社を利用した際に社内に携帯電話を落としてしまいました。

途中乗り換えた駅で車内に置き忘れたことに気付いたのが目的地の駅に着いたときでした。

あわてて事務室に駆け込みましたが、乗車していた電車がすでに別の路線に使われているので夕方にならないと確認ができないとのこと。

しょんぼりしながら、遺失物の届けをして、用事をすませて、夜帰宅してから改めて届けを出した駅に電話をしてみました。

今はどこの鉄道会社も拾得物はデータベースで管理していて、似たようなものがみつかっていれば確認ができる仕組みになっています。

ー黒のauの携帯

ー黒い皮のストラップ+銀色のチェーンのストラップ

ージョイント部分がすこし割れている

ー待ち受け画面は男の子の画像

かなり特徴があるとおもうのですが、結局その日は該当するものがないとのことでした。

そして、翌日 今度は届けを出した駅と、念のためお忘れ物取扱所にも問い合わせました。すると、ひとつだけ55日にauの携帯が見つかっているとのこと。

でも「待ちうけ画面が女の子の画像なので該当しませんね・・・」といわれました。

正直、「もしかしたら・・・?」思ったのですが、自信満々で「違いますね!」と言われてしまったので、きっと他の特徴も合っていないのだとあきらめて、機種替えをすることにしました。

とりあえず、見つかれば携帯電話会社から連絡がはいるとのことで念のため警察にも遺失物の届けをしておきました。

そしたら・・・・!

おとといauから「拾得されました」の通知が届いたではありませんか。

なおかつ 照会番号はK社の拾得物となっています。3日間も続けて電話をかけて問い合わせしていたのになぜ見つからなかったのかを知りたくて、今日もう一度お忘れもの取り扱い所に問い合わせをしてみました。

たとえば届けられた駅で入力したのが4日後だったとか・・・・。

ところが入力されたのは5月5日の13時31分とのこと。ということで、私が問い合わせをしたときにはすでにデータベースには登録されていた訳です。やはり「待ちうけ画面の画像が違う」ので該当しないと判断したとのこと。

実は待ち受け画面にしていたのは NHK大河ドラマ「天地人」の直江兼続の幼少時代=樋口与六役をを演じた「加藤清史郎」くんが与六の衣装をつけている画像です。

これが「女の子の浴衣姿」ということになっていたそうですが↓の画像が女の子に見えますか???

http://www9.nhk.or.jp/taiga/news/news04/index.html

 

http://www3.nhk.or.jp/taiga/topics/jinbutu-nav01/index.html

他の特徴も類似しているのだから「保管している駅に問い合わせしてみてください、」とかもうちょっと適切なアドバイスが欲しかったなぁ・・・・涙

どう考えても担当者の判断ミスだと思うので、機種替えをしたときに 個人情報を登録してあるICチップを新たに購入しなければならなかったので、その費用と飯田橋の警視庁の遺失物センターまでの交通費は出して欲しい・・・・!

・・・・とはいうものの、もともと自分の不注意だから仕方がないですよねぇ・・…(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔓バラ

今日知人の家におよばれでした。

お土産に何を持って行こうかな?といろいろ考えましたが、ワインと煮物と実家に咲いてるバラの花を持って行きました。

なんだか変な取り合わせですが・・・・coldsweats01

実はこのバラは実家の母が嫁いでくるときにお友達から苗を分けてもらい植えたものです。

・・・以来54年。毎年花を咲かせています。私が小学生の頃は母が2-3本切った枝を新聞紙に包んで持たせてくれました。先生に渡すと花瓶に活けて教壇の上にかざってくれていたのがとても嬉しかったのを思い出します。

蔓バラなので花瓶にいけると花が下を向いてしまいますが、買ったバラの花にはない素朴さがあってとても好きです。


Ca3c00210001_3 Ca3c00200001_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マー君ファンになったきっかけ

私が時々「楽天のマー君」の事を日記を書いているのを読んだ方から「なぜファンに?」というご質問をいただきました。

そういえばブログでマー君ファンになったきっかけは書いていなかったかもしれません。

フックになったエピソードは2つあります。

1つ目は皆さんもご記憶にあると思いますが、ハンカチ王子こと早稲田実業の斉藤祐樹投手との投げあいになった2006年夏の高校野球・決勝再試合のことです。

2006年8月20日 駒大苫小牧と早稲田実業の決勝戦は延長15回1-1引き分け再試合となりました。

翌日の再試合。9回裏、駒大苫小牧は1対4で負けていましたが、2点返して1点差でツーアウトになった時点のバッターだったのがマー君でした。

カウントがツーストライクになった後、斉藤投手が投げたボールを田中が空振り三振してゲームセット、早稲田実業の優勝が決まりました。

その瞬間、マー君が天を仰ぎ見たときの表情がテレビ画面に映りました。

悔しいというよりも「終わった・・・」という安堵感からなのか、力なく微笑んでいたように見えましたが、その表情がなんともよかったのですlovely

正直言ってそれまでのマー君は甲子園での二連覇をしており、自信たっぷりでなんとなく「オレ様風」にみえていて正直言ってあまり好感をもってはいませんでした。

でもあの時の、あの表情をみて「あぁ、やっぱり想像を超える緊張感と使命感の中でがんばっていたけれど普通の17歳の高校生なんだなぁ・・・かわいいなぁ・・・lovely]と思ったわけです。

たまたま次男も中学時代にシニアリーグのピッチャーをしていて、ちょっとだけ表情が似ていたことも影響しています。

2つ目は、ドラフトで楽天に指名されたときのコメントです。

もしかすると応援してくれている人が多い北海道の日本ハムに行きたいと思っていたでしょうし、またファンも日本ハムであってほしいと願っていたとおもいます。でも、ドラフト後のインタビューで

「球団ができて何年もたっていないところでいろいろ歴史をつくって行きたい。日本ハムでという気持ちもあったけれど、仕方がないこと。4球団が一巡目に指名してくれたことは光栄です。」

と答えているのを聞いて、本当にスポーツマンらしく爽やかな受け答えにプチ感動しました。

他の選手の中には地元の球団でなかったことで涙を流したり、心の底から喜んでいない表情が見え隠れしたりしていましたしね・・・・。でも無理もないですよね。まだ高校生、しかも自分の就職先が自分の意思とは別の力で決まってしまうのですから。

正直私も「弱いチームでかわいそう・・・・」と思いましたが、逆に野村監督の下で開幕一軍で投げることができ、実戦を多く経験し成長のスピードも速かったと思います。

良く、「キャリアは予期せぬ外的要因で決まる」とか、「現実を受け入れてそこで何ができるのかを考え、行動した人こそが成功する」いわれていますがマー君のケースは本当にそのとおりです。

昨日は二週間ぶりの登板で完投こそしませんでしたが、勝ち投手となり、これで負けなしの5勝目。「もしかしたらシーズン中無敗!」・・・なんて歴史をつくっちゃうかも!

本当に楽しみですnote

| | コメント (0) | トラックバック (1)

母の日のプレゼント

昨日の母の日。

プレゼントは母が喜ぶ事をするのが一番なので、いっしょに近所のガーデニング用品店と苗木の市場へ。

母は父の介護の合間に花の手入れをするのが唯一の息抜きだといいます。私は、正直ガーデニングはあまり得意分野ではありません。母がつくった寄せ植えの鉢植えをもらっても仕事が忙しいと水やりができなくて長持ちさせることができないこともあります。でも母は花のことを話しているときが一番楽しいらしく極力話し相手になろうと努力をしています。

昨日の花の日はプレゼントに好きな鉢植えを選んでもらうことにしました。母が選んだのは白い花が咲いている「柏葉あじさい」初めてみる品種でした。

Garden2
母の日は赤いカーネーションが定番ですが本人が好きな花を贈るのが一番いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マー君 4月月間 MVP

プロ野球・楽天イーグルスのマー君(田中将大投手)が4月月間MVPを受賞しました。おめでとうscissors


4月の成績は4戦すべて完投勝利でそのうちの2試合は完封!防御率0.50だそうです。

すっごい!

きっとこれからの野球人生でいろいろな記録を作っていくのでしょうね。


ただ、今は右肩の張りで出場選手登録ははずれていて、ちょっと寂しい・・・。でも、ブログをみたら5月5日からキャッチボールも再開したそうで、またこれからどんな活躍してくれるのか楽しみです。



私がマー君lovely マー君lovelyと騒いでいたら、
「それって中年のオバチャンが杉良太郎に『スギさま~heart02』って言ってるのとおなじだよね・・・」って言われてしまいました。


そんな冷たい視線にもめげずこれからも応援しまっす!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »