« 栃木で地震に遭遇 | トップページ | 成果主義~日本人のDNAに合っているか? »

生産性の船・洋上研修~フィードバック~

711日に帰国した生産性の船の参加者の皆さんも帰国後あっという間に二週間が経ち、あの10日間がなんだかずいぶん前のことのように感じているかもしれません。

本当に時が経つのが早く感じられます。

帰国後皆さんからメールなどで感想やフィードバックをいただきました。洋上研修は、「感激・感動・感謝の旅ですが、まさに帰国後も感激することが多く、出発前・研修中・帰国後と「一粒で三度おいしい」を実感します。

ちょっと照れ臭いコメントもありますが、せっかくなのでここでご紹介したいと思います。

「ブロックリーダーから情報を元にチームのメンバーがひとつになって議論して成果を出して行くプロセスはとても参考になった。結果がすべての今の社会ではこういうことが一番大事なことで真剣に考えなければならないと思った。」

「昨日まで全く知らない人たちと最終日には以前から知り合いだったくらいまでの友情や交流を深めることができて、出会いは偶然ではなく必然であると思いました。この出会いをここで終わらせるのでなく永く続けていきたい。」

「空や海が見えるデッキなど解放的な場所で話し合いをしたり、立って話し合いをしたり、工夫をすることで自由な発想がでて雰囲気を変えることができる。」

「会議の進行役として意志疎通の重要性を再認識し、互いに助け合い思いやることがいかに大きな力になるのかも同時に学ぶことができた。」

「ゲームや討議を通じて「気づきあう」というアプローチだったので理屈ではなくたくさんのことを実感できました。」

「丁寧に講義を展開し、考えさせ気付かせてくれることに重点を置いていたのでその点について自分でも意識して生かして行きたい。」

「ブロックリーダーが重点だけ連絡しあとはチームで話し合う形をとってくれたので議論が盛り上がった。」

ES(注 Employee Satisfaction)の向上につながるコミュニケーションの取り方がまとめられたのも、リーダーの研修中のコミュニケーションがあったからです。」

「リーダーからのアドバイスで、これからの組織の長は指示することやひっぱっていくことだけではなく、人を動かすことに、よりエネルギーを傾けることのほうが、チームワークが強くなり、推進力がつくことを学んだ。」

「参加者が期待していることを研修方針に盛り込んでくれたので、職場に帰ってからもとても参考になる」

「ブロックリーダーから学んだことで印象にのこっていることは「コーチングスキル」についてです。コミュニケーションの重要性はわかっていても本当の意味でコミュニケーションがとれていたのか考えさせられた。今後も「意識的に聴く=傾聴」を実行していきます。」

「ファシリテーションやコーチングについての情報が大変参考になった。」

「宮澤さんは情熱的に指導してくれた。CSのみならずコーチングやコミュニケーションなど講義に変化があり興味をもって取り組むことができた。ご自身が研究された資料も多くいただいたので今後役立てたい。」

「第一線で働く女性のパワーを感じるとともに、女性らしい気配りがある研修で充実した時

間を過ごした。コーチングスキルなどすぐに使えるものも多く取り入れられとても良かった。」

「リーダーからはCSESに関する情報を惜しげもなく教えていただき、気づき・感動を学

び、何か変わらなければならないと思いました。」

最後にとくに印象に残ったコメントをご紹介します。

ご本人のご了解を得ています。

「今回の研修に参加させていただいて一番良かったことは、”宮澤美恵子”という素晴らしいヒトに出会えたことです。「今は0点でも、明日10点取れれば良いんですよ」と教えてくれました。と言うより「気付かせてくれた」と言う表現のほうが合っているかも知れません。他人とのコミュニケーションが得意な方から見ると、自分やXXさんのように”そうでない人間”は奇異に移る場面もあるかと思いますが、我々も決して他人との係わり合いを拒否しているわけではありません。ただ、やり方が判らない、上手じゃない、だけなんですよね。そんなことも含めていろいろな思いが交錯し、上海の船上や評価会会場などでは込み上げるものがありました。
最後まで御一緒することが出来なくて大変残念でしたが、どうもありがとうございました。」

このコメントは帰国後すぐにメールでいただいたのですが、読んだ瞬間私も思わずこみ上げてしまいました。

そしてもう一件

「最後は本当に名残り惜しく感じました「班・ブロック・団」としての一体感がどんどん高まってきました。他班も同様のところは多いですが私たちの班としても強くて長い(と思う)絆を作ることが出来ました。」

このコメントは単なる人の集まり=「グループ」から同じ目的を共有する人の集まり=「チーム」になって行くプロセスを実感され、洋上研修そのものへの大きな承認だと感じました。

このご縁が続くかどうかは皆さんの心意気次第ですが今週末には5年前のメンバーとの再会も予定しています。日本全国に家族がいるみたいで本当に素敵です。

|

« 栃木で地震に遭遇 | トップページ | 成果主義~日本人のDNAに合っているか? »

生産性の船・洋上研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/41953468

この記事へのトラックバック一覧です: 生産性の船・洋上研修~フィードバック~:

« 栃木で地震に遭遇 | トップページ | 成果主義~日本人のDNAに合っているか? »