« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

成果主義~日本人のDNAに合っているか?

先週私が住む八王子で無差別殺人が起こりました。

事件がおこった駅ビルは休日には私も時々利用するところで本当にぞっとしました。

今回も「仕事がうまくいかなかった」「誰も話を聞いてくれなかった。」「誰でもよかった。」「大きな事件を起こせば注目されると思った」とこれまで似たような事件の加害者と同じコメントが紹介されています。

通勤途中でも男性のビジネスマンの30代から40代の人にイライラしている人が多いなぁ・・・という印象を受けます。「肩が触れたのに謝らなかった」「かさの水滴がついて濡れたので注意したら逆にどなられた」など駅のホームで取っ組み合いの喧嘩寸前の光景を時々みかけます。

いい大人なのにどうして人前であんな風にイザコザが起こるのか、なぜ皆イライラしているのか・・・と不思議におもって考えてみましたが感じていることが二つあります。

ひとつは、バブルがはじけた後に多くの企業で導入された成果主義がうまく機能していないのかもしれないということです。

もともと成果主義は欧米で始まり日本にも広まったものですが、「結果がすべて」で、そこに至るまでのプロセスにはあまり焦点を当てられないケースが増えています。

欧米人などの狩猟民族は獲物をしとめ持ち帰った人がヒーローです。でも私たちアジアの農耕民族は村人が皆で協力して実りの秋には収穫を分け合うという生活をしてきました。

そもそも一部の人だけが結果を享受することが私達のDNAにあっていないのではないか?とある種の居心地の悪さを感じます。 それなのにそのDNAに反したことをしていることがいくつかの問題を生んでいるのかもしれないと感じます。

ただ、成果主義そのものをすべて否定しているわけではありません。やはりがんばっている人はきちんと評価してあげるべきだと思います。

欧米人は子供の頃から自己主張をするように育てられています。成果主義の仕組みの中で評価された結果が不満であれば「なぜなのか」をしっかり表現してとことん議論します。

でも私たち日本人のDNAは「言わなくてもわかるだろう」とか、

自分の意見を率直に述べると「うるさいやつ」と煙たがられたりするかも・・・」とか

「こんなこと言ったら逆にもっと悪い評価になるかもしれない・・・」

などなど・・・・結局納得できないまま我慢している人が多いような印象を受けます。

成果主義を正しく回すにはやはり上司と部下のパートナーシップの中にしっかりとした対話が存在していなければうまくいきません。

私がある外資系の企業で初めて評価する側に回ったときには、評価者のためのしっかりしたトレーニングプログラムがあり、事前に評価するときの視点や、部下との対話の場面を想定したロールプレイなど、しっかりした準備をした上でスタートさせてくれました。

それでもやっぱり人を評価し、その内容を伝えきるのは本当に難しいことだと実感しました。

ところが、多くの日本の企業、とくに規模がそれほど大きくない企業で成果主義を導入した場合、まず評価者のトレーニングをする時間も予算もないケースがほとんどです。

そうなると8020でほとんど自分ばかり話す上司から一方的に結果を伝えられ、それに対して質問も反論もできないまま、悶々とし、イライラする部下が増えることになります。

今までセミナーや研修の参加者の皆さんから(評価する側、される側、いずれからも)そういう不満の声を沢山聞いてきました。

秋葉原の事件も今回の事件もたった一人でよいから職場で彼らの話をじっくり聞いてくれる人がいたらもしかしたら防げたかもしれません。

皆さんの周りにも話を聞いてあげたほうが良いと感じる人はいませんか?誰かではなくあなたが聞き手になってあげてください。

先日の洋上研修でもコーチングコミュニケーションについて特に「聴く」スキルについてメンバーの皆さんにお伝えしました。皆さんからはいままで「聴いていたつもりになっていた」というコメントが多かったのが印象的です。

聴くことはとても難しいですし、エネルギーがいりますが今起っている社会的な問題を解決するひとつの大切な要素だと感じています。

最後に私が大好きな言葉をご紹介します。

「もっとも簡単な人間の活動に最も人を癒す力があります。それは人の話を聴くことです。ただ聞くだけです。助言したり、指導したりせずに、ただ、黙って黙々とひたすら耳をかたむけるのです。」

       

この本からの抜粋ですがステキな本なのでぜひお勧めです。

マーガレット・ウィートリー「もしもあなたの言葉が世界をうごかすとしたら」より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生産性の船・洋上研修~フィードバック~

711日に帰国した生産性の船の参加者の皆さんも帰国後あっという間に二週間が経ち、あの10日間がなんだかずいぶん前のことのように感じているかもしれません。

本当に時が経つのが早く感じられます。

帰国後皆さんからメールなどで感想やフィードバックをいただきました。洋上研修は、「感激・感動・感謝の旅ですが、まさに帰国後も感激することが多く、出発前・研修中・帰国後と「一粒で三度おいしい」を実感します。

ちょっと照れ臭いコメントもありますが、せっかくなのでここでご紹介したいと思います。

「ブロックリーダーから情報を元にチームのメンバーがひとつになって議論して成果を出して行くプロセスはとても参考になった。結果がすべての今の社会ではこういうことが一番大事なことで真剣に考えなければならないと思った。」

「昨日まで全く知らない人たちと最終日には以前から知り合いだったくらいまでの友情や交流を深めることができて、出会いは偶然ではなく必然であると思いました。この出会いをここで終わらせるのでなく永く続けていきたい。」

「空や海が見えるデッキなど解放的な場所で話し合いをしたり、立って話し合いをしたり、工夫をすることで自由な発想がでて雰囲気を変えることができる。」

「会議の進行役として意志疎通の重要性を再認識し、互いに助け合い思いやることがいかに大きな力になるのかも同時に学ぶことができた。」

「ゲームや討議を通じて「気づきあう」というアプローチだったので理屈ではなくたくさんのことを実感できました。」

「丁寧に講義を展開し、考えさせ気付かせてくれることに重点を置いていたのでその点について自分でも意識して生かして行きたい。」

「ブロックリーダーが重点だけ連絡しあとはチームで話し合う形をとってくれたので議論が盛り上がった。」

ES(注 Employee Satisfaction)の向上につながるコミュニケーションの取り方がまとめられたのも、リーダーの研修中のコミュニケーションがあったからです。」

「リーダーからのアドバイスで、これからの組織の長は指示することやひっぱっていくことだけではなく、人を動かすことに、よりエネルギーを傾けることのほうが、チームワークが強くなり、推進力がつくことを学んだ。」

「参加者が期待していることを研修方針に盛り込んでくれたので、職場に帰ってからもとても参考になる」

「ブロックリーダーから学んだことで印象にのこっていることは「コーチングスキル」についてです。コミュニケーションの重要性はわかっていても本当の意味でコミュニケーションがとれていたのか考えさせられた。今後も「意識的に聴く=傾聴」を実行していきます。」

「ファシリテーションやコーチングについての情報が大変参考になった。」

「宮澤さんは情熱的に指導してくれた。CSのみならずコーチングやコミュニケーションなど講義に変化があり興味をもって取り組むことができた。ご自身が研究された資料も多くいただいたので今後役立てたい。」

「第一線で働く女性のパワーを感じるとともに、女性らしい気配りがある研修で充実した時

間を過ごした。コーチングスキルなどすぐに使えるものも多く取り入れられとても良かった。」

「リーダーからはCSESに関する情報を惜しげもなく教えていただき、気づき・感動を学

び、何か変わらなければならないと思いました。」

最後にとくに印象に残ったコメントをご紹介します。

ご本人のご了解を得ています。

「今回の研修に参加させていただいて一番良かったことは、”宮澤美恵子”という素晴らしいヒトに出会えたことです。「今は0点でも、明日10点取れれば良いんですよ」と教えてくれました。と言うより「気付かせてくれた」と言う表現のほうが合っているかも知れません。他人とのコミュニケーションが得意な方から見ると、自分やXXさんのように”そうでない人間”は奇異に移る場面もあるかと思いますが、我々も決して他人との係わり合いを拒否しているわけではありません。ただ、やり方が判らない、上手じゃない、だけなんですよね。そんなことも含めていろいろな思いが交錯し、上海の船上や評価会会場などでは込み上げるものがありました。
最後まで御一緒することが出来なくて大変残念でしたが、どうもありがとうございました。」

このコメントは帰国後すぐにメールでいただいたのですが、読んだ瞬間私も思わずこみ上げてしまいました。

そしてもう一件

「最後は本当に名残り惜しく感じました「班・ブロック・団」としての一体感がどんどん高まってきました。他班も同様のところは多いですが私たちの班としても強くて長い(と思う)絆を作ることが出来ました。」

このコメントは単なる人の集まり=「グループ」から同じ目的を共有する人の集まり=「チーム」になって行くプロセスを実感され、洋上研修そのものへの大きな承認だと感じました。

このご縁が続くかどうかは皆さんの心意気次第ですが今週末には5年前のメンバーとの再会も予定しています。日本全国に家族がいるみたいで本当に素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栃木で地震に遭遇

今日と明日は宇都宮にある派遣会社のスタッフ向けキャリアコンサルタント養成講座のお手伝いをしています。

午前中福島沖を震源地とする地震に遭遇しました。震度4との事でやはりかなり揺れました。時間も長かったし……こわぐわっだぁ~!

ところで、朝9時に宇都宮に来るにはかなりかなり早く起きないといけないですし、場合によっては前泊かも!と思っていたのですが、何と八王子から二時間位で来られる事がわかりました。しかも新幹線を利用しないので千円位安い!
ちなみにこんな乗り継ぎです。
○八王子
ホリデー快速むさしの号
06:40発

○大宮(埼玉)
特急あいづ
|07:48発
|08:44着
■宇都宮

特急あいづの車内では白虎隊に扮した人達が会津のキャンペーン企画のうちわや案内書を配ったりしていました。特急の外装や車内のヘッドレストカバーもべコのデザインで可愛かったので思わずパチリ!

080719_08430001

080719_08440002 080719_08440001 仕事でなければもっとウキウキするのに残念です。会津も一度は行ってみたいところのブックマークに加えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産性の船・洋上研修2008年1号船~皆さんおかえりなさい~

上海からシンガポールに移動してシンガポールでの視察や観光を終えたメンバーの皆さんは今朝日本に帰ってきます。

きっとかかえきれないほどの楽しい想い出と今日からまた現実に戻る寂しさとで胸がキュンとなっていると思います。

船や寄港地活動を通じて理想や夢を語り合い、刺激しあえたメンバーの皆さんもこれからは一人でその実践に取り組みます。

船内研修の最後に皆さんに、帰ったら過去の現実に戻り軽いストレス状態になるのでそこを上手に自分でケアして欲しいとお願いしました。

まず焦らずじっくり周りを改めて見回して一人でも同じ方向を見ていそうな仲間を見つける事
>自分と同じタイプを見分けることができるようにまずは自分のタイプを知っていただくアセスメントをしてみました

次にその仲間の話をよく聴くこと。自分の思いばかりをぶつけると相手には「なんだか怪しい・・・」と引かれます。
>そこは皆さん逆の立場を船の中で体験したので分かると思います〔詳しい事は省きますがこれはある意味よい体験だったかもしれませんね〕

そして徐々に仲間を増やしたら時期をみて行動に移す事

行動に移す時には必ず期限をつける事>夢や理想に期限をつけると目標になります

小さな成功体験を積んで少しずつ次の目標を決めて取り組めばいつか大きな目標に近づけます。

具体的に実践するためのアイデアや振り返りの項目も一覧表にしてお土産としてお渡ししました。
もっともっとお伝えしたい事があったのに時間が足りなかったのが心残りです。でも私でお役に立つ事があればいつでも連絡して欲しいと思います。

皆さんといつか再会できる事を心から願っています。でももう会えなくても心に残る大切な体験として想い出してくださいね。

これから先もどうぞ良い旅を続けてください。

追伸:私の夢は洋上研修の私のブロックの中から次のブロックリーダーが生まれる事です。期限はあと5年に設定しています。誰かぁ~いませんかぁ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生産性の船・洋上研修5日目~上海到着~

明け方上海の浦東港に入港し、私は仕事の都合で今日で船を降り夕方の飛行機で成田に先ほど帰って来ました。他のメンバーの皆さんは今日は上海視察で宝山鉄鋼の視察・蘇州やリニアモーターカー体験などに出かけて行きました。それにしても上海の今日の予想気温は38℃と言っていました。三年前も死にそうなくらい暑くて40℃でしたがそれに匹敵しますね。メンバーの皆さん大丈夫かしら?

ところで今日は昼間上海のグランドハイアットホテルのセールスマネージャーと約束してあり見学させてもらいました。ホテルは港の近くの金融街のあるビルの54階から87階まで。54階のコーヒーショップから眺めていたらビルの間に港が見えてさっきまで乗っていた「ふじ丸」の姿が見えました。何だか不思議な気持ちになりました。

この後洋上研修のメンバーはシンガポールに行き10日に帰国予定する予定です。皆さん、無事に帰国できますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産性の船・洋上研修3日目~デッキランチ

今日で船の生活も3日目。皆さんチームディスカッションもさらに活発になり順調です。お昼は恒例のデッキランチです。気温32℃の中汗だくでしたがビールがおいしかったこと!桜島もくっきり見えています。今日の午後は研修はお休み。皆さん思い思いに船ならではのイベントを楽しんでいます。私は夕方のフィットネスの時刻まで部屋でDVDを流しながらボンヤリ静かに過ごしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会経済生産性の船・洋上研修1日目と2日目

今九州宮崎沖合いを航行中です。昨日は夜中に雷と雨でかなり天候が心配されていましたが昼間は私がかつて体験した事が内くらいお天気に恵まれています。皆さん船の生活にも慣れて楽しんでくださっている様子です。明日は錦江湾でデッキランチの予定です。皆さん出航式には感動していました。私は過去の参加者が見送りにきてくださっていてそれが嬉しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産性の船・洋上研修2008年1号船~出航前夜~

明日から生産性の船・洋上研修2008年1号船がスタートします。私はチームリーダー・プロジェクトリーダーコースのDブロックのブロックリーダーを担当します。

明日に備えて遠方の方は横浜界隈に前泊しているはずですね。本来ならブロックリーダーも前泊が原則ですが私は明日朝八王子から横浜大桟橋に向かいます。今仕事が終わりこれから自宅に帰ってからパッキングして明日の研修初日のプランを確認してから休みます。

今週は日曜日から月曜日にかけて広島出張だったのでかなりヨレていますが、明日1ヶ月振りにブロックメンバーの皆さんにお目にかかればきっと元気になると思います。

さぁ、気合い入れて行きますよぉ~!

今回も感動・感激・感謝そして安全な旅でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »