« 社会経済生産性の船 2008年1号船 事前研修会 | トップページ | 「鶴丸」ラストフライト »

島耕作氏 社長就任挨拶

おそらく日本で一番有名なサラリーマンといえば弘兼憲史氏が週間モーニングに26年間連載している一連のシリーズの主人公「島耕作氏」でしょうか。

この度、その島耕作氏が還暦を迎え、めでたく社長に就任されたとのニュースが昨日の朝刊に載っていました。記事にはその就任会見で次のように語ったと書かれています。

「自社や株主の利潤を追求するのではなく、従業員、関連企業、消費者といったすべてのステークホルダー(利害関係者)の利益を追求できる企業を目指します」

ちょうど洋上研修の事前研修会の二日目で、前日の研修で、「顧客価値創造」や「日本経営品質賞の4つの基本理念」などをお伝えした翌日だったため、朝のセッションが始まる前にこの新聞の記事をご紹介しました。

たまたま船場吉兆が廃業したニュースが流れた日だったことも、タイミングがよすぎる感じです。

船場吉兆も最初の偽造が発覚したときに、真摯に受け止めて「従業員、関連企業、消費者といったすべてのステークホルダー(利害関係者)の利益を追求できる企業」に生まれ変わっていれば、廃業などということは免れたかもしれないのに・・・・。

今度は本物の涙を流していたあの女将さんは社長 島耕作氏の言葉をどんな風に受け止めるのかな?などと考えたりしました。

|

« 社会経済生産性の船 2008年1号船 事前研修会 | トップページ | 「鶴丸」ラストフライト »

CS(顧客満足) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/41374588

この記事へのトラックバック一覧です: 島耕作氏 社長就任挨拶:

« 社会経済生産性の船 2008年1号船 事前研修会 | トップページ | 「鶴丸」ラストフライト »