« 洋上研修2007年 2号船 その5 ~船内研修スタート~ | トップページ | 洋上研修 2007年2号船 その7 ~チーム討議 その2~ »

洋上研修2007年 2号船 その6 ~チーム討議 話し合いの方法を考える~

11月2日 いよいよ本格的にチーム討議が始まります。

各チーム、ファシリテーター(会議の進行役)を中心にいかに効果的で効率のよい話し合いをするかが大切です。

それぞれのチームのディスカッションの様子をアップします。

(写真をブログに掲載することはあらかじめブロックのメンバーの方にお断りしています)

D1D2D3_2   

D5_2D6_2D4_2

効果的で効率のよい話し合いができるように事前にファシリテーターの役割りについて要点をまとめたものをチーム長にお渡ししました。

本当はファシリテーション(会議の進め方)について一日かけてじっくり情報提供したいところですが、限られた時間ではなかなかそうも行きません。事前にファシリテーターについてまとめたメモをお渡ししてはいるものの、あるチームからメンバー全員に理解してもらったほうがファシリテーターもやりやすいとのリクエストがありました。

確かにそうのとおりです。ということで10分程度で駆け足でお伝えしましたが、何より実践していただくことが大切です。はじめはなかなかできなくても失敗しながら、そして恥をかきながら上達していくものです。

今回の研修をきっかけに、もっとファシリテーションについて学びたいと思う人が一人でもいてくださるといいな、と思います。

経営品質では、話し合いの方法にこだわります。経営品質賞の審査員の皆さんも賞の候補となった企業の中から受賞企業を選ぶときには合議の仕組みを大切に、納得のいくまで話し合うと聞いています。

そして、ひとたび合意されたことについては、全員でそれの実現に向けて協力しあう。それが理想です。

・・・すみません、続きは後ほど・・・

|

« 洋上研修2007年 2号船 その5 ~船内研修スタート~ | トップページ | 洋上研修 2007年2号船 その7 ~チーム討議 その2~ »

生産性の船・洋上研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/17156176

この記事へのトラックバック一覧です: 洋上研修2007年 2号船 その6 ~チーム討議 話し合いの方法を考える~:

« 洋上研修2007年 2号船 その5 ~船内研修スタート~ | トップページ | 洋上研修 2007年2号船 その7 ~チーム討議 その2~ »