« 洋上研修2007年2号船 その2~サービスマインド=セールスマインド~ | トップページ | 洋上研修2007年 2号船 その4 ~北京視察 万里の長城~ »

洋上研修2007年2号船 その3 ~北京視察 紫禁城~

北京空港での入国管理は到着が21時近かったせいかもしれませんが意外にもスムーズでした。ただ、空港全体が何やら暗いような・・・・。天井を見上げてみるとところどころ、電球はあるのに電気がついていない部分が・・・・。やはり電力不足なのかもしれません。

到着ロビーから外に出てみると‘ 寒いっ!’ 息が真っ白でした。実は今回防寒着をあまり用意せずに来ているのでちょっと心配になってきました。頼りは二日くらい前に街頭でもらい、たまたまバックの中にはいっていたホッカイロだけかも・・・・どーしよ。

ホテルに着いて部屋に荷物を置いてから館内を見てまわっていると、二階のショップでシンガポールから先発グループで到着していたDブロックのメンバーにバッタリ!

事前研修会のときには皆さん背広にネクタイだったせいか、カジュアルな服装だとちょっと別人のようではじめはわかりませんでした。

皆さんから「ラウンジでビール飲みましょう!」と誘っていただき、暫しおしゃべり。シンガポールで寄港地活動の様子や、北京に到着してからガイドさんに連れて行ってもらった「ブランドのコピー製品のショップ」の話など、皆さんとても楽しそう!まだ2日くらいしか経っていないけれど、すっかり打ち解けているし・・・・一緒に旅をするってすごいなぁ・・・と改めて思いました。

これから先も楽しい旅になりそうです。

翌日の出発予定は朝8時、起床は朝6時の予定です。後発メンバーは午前0時すぎにホテルに到着する予定らしく、早くも睡眠不足がちょっと心配です。

翌日は寄港地活動で、私は紫禁城と万里の長城見学へ。本当は「イトヨーカドー視察」にも興味がありましたが、そちらは同じブロックのメンバーの方に「後で様子を聞かせてくださいね」とお願いしました。

外は昨日からの寒さに加えてかなりの風が吹いていて、本当に‘ 寒いっ!’昨年の同じ時期に比べるとかなり寒いようです。

まず向かったのは「天安門広場と紫禁城(故宮)」

天安門広場はテレビや写真で見ていた印象よりもやや狭いかな?という印象です。途中、ある建物の前に長蛇の列が。「毛主席紀念堂」でここは毛沢東氏の遺体が安置されているとのことで、中国人なら一度はここを訪れたいとおもっている場所だそうです。それだけ慕われた人だったのですね。

そしていよいよ紫禁城(故宮博物館)の中へ・・・・・。

Tenannmon_3 Tenannmon_1 Shikinjo_yane_1

宮殿までにたくさんの門をくぐります。昔の皇帝は門の数と屋根の軒先に飾る装飾品の動物の数で権威を誇っていたとのこと。

そしてあの映画「ラストエンペラー」で即位式のシーンに出てきた宮殿、太和殿へ。ここも映画のスケールを創造すると意外に狭い感じがします。

ガイドの陳さんのお話では、この太和殿前の広場の石畳は外部からの進入を防ぐために地下1メートルくらい(記憶が定かではないのですが)まで石が敷き詰めてあるそうです。あれだけ複雑な権力抗争の中ではやはり暗殺を一番恐れていたのでしょうね。

あのラストエンペラーの撮影は世界で始めて紫禁城のロケーションが許可されたのですが、撮影中に絨毯が一枚焼けてしまったそうで、それ以降中国政府はここでの映画の撮影を一切許可していないとのこと。最初で最後になってしまうかもしれませんね。

私はメンバーの皆さんとあちこちで写真を撮りあったりしていたので、早足のガイドの陳さんからいつも遅れ気味。急いで駆け寄っていろいろお話を聴かせてもらいました。

特に興味があったのは「西太后」について、中国の人々がどのような見方をしているのか、というところ。

陳さんによれば、「確かにいろいろな意見があるけれど、人間的には人をひきつける部分もあった」らしく、映画の中で描かれているほど酷い女性ではないと言っていました。

なるほど・・・・・。

自分の子供を皇帝にするためには、時には人に憎まれるような行動や発言も仕方がなく、役割として求められていたのでしょうね。

今はほとんどなくなりましたが、10年くらい前は仕事のシーンで少し活発な行動や発言をすると、「女のくせに」といわれることがありました。個人ではなく役割として時にはそうせざると得ないこともあり、「本当はかわいいところもあるんだけれどなぁ・・・・」と独り言を言いつつ、「まぁ、理解して欲しい人にだけ理解してもらえれば良いか・・・」と思って過ごしてきました。

今回の洋上研修のメンバーの方からも、「女性なので逆に厳しいのかな?」と思ったというメールをいただきました。 そこはメリハリをつけて、船内研修では「時には厳しく、時には優しく」で行きますのでよろしくです。

明日は万里の長城~天津まで、あさってからいよいよ「ふじ丸」での船内研修の様子をアップします。

|

« 洋上研修2007年2号船 その2~サービスマインド=セールスマインド~ | トップページ | 洋上研修2007年 2号船 その4 ~北京視察 万里の長城~ »

生産性の船・洋上研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/17064105

この記事へのトラックバック一覧です: 洋上研修2007年2号船 その3 ~北京視察 紫禁城~:

« 洋上研修2007年2号船 その2~サービスマインド=セールスマインド~ | トップページ | 洋上研修2007年 2号船 その4 ~北京視察 万里の長城~ »