« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

感動小説「風が強く吹いている」

試験が終わり少し時間ができたので、本を読む時間があって嬉しい毎日です。

最近一番感動したのは三浦しをん著「風が強く吹いている」 です。

この本は、大学陸上部を舞台とした小説で箱根駅伝がテーマです。

個性豊かなメンバーを束ねるリーダーの灰二=ハイジ。そのハイジと運命的な出会いをする走=カケル。そして彼らといっしょに箱根を目指すことになってしまった8名の仲間たち。

こう話すとスポーツ小説とか青春小説のような印象を受けるかもしれませんが、リーダーシップやチームワークという観点から学べることがたくさん盛り込まれています。

メンバーの特徴をしっかりつかんでリーダーとして絶妙なアプローチをするハイジ。 目標の共有、あきらめない心、無理なく小さな成功体験を積み重ねられるような具体的な行動計画。

ぶつかりながらも一つのチームになっていく10名の仲間達。

読み始めは個性豊かな10名の若者が何だかオタクっぽくて「これって本当に駅伝がテーマの小説なの?」って思えるような不思議な感じです。でも後半は箱根駅伝のシーンが延々と続くのですが、一人一人にドラマがあって小説だということを忘れて、ドキュメンタリーを読んでいるような臨場感とエネルギーを感じます。

そして、ところどころにちりばめられた著者曰く「決め台詞」にぐっと来ます。

三浦しをんさんの本を読むのは初めてですが、文章がテンポよく読みやすく、そして言葉がとても美しいので、この点でもお勧めです。

とにかく余計な解説をするよりも、興味のある方はぜひ!仕事放り出して読みたいくらい感動した本です。電車の中で読んでいると乗り過ごしそうになりますのでご注意ください。

今までお正月の箱根駅伝の中継はお料理したり、年賀状を読みながらあまり熱心にみていませんでしたが、来年はきっと今までとまったく違う視点で見られそうで今から楽しみ!

明日から洋上研修で北京・天津、そして横浜着は11月5日ですがこの本を持っていって船の上でまたじっくり読み返したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の言葉

昨日の続きです。

「もし私が知ってさえいたら」という詩を紹介してくださった方から「仕事とプライベートのバランスをどのようにとっていますか?という質問と共に昨日ご紹介した詩を教えてもらいました。その質問に対して私がお返事した内容をご紹介したいと思います。

お返事したメールをそのままコピーします。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ご紹介していただいた詩を読んで共感し、思い出した出来事がありましたのでご紹介したいと思います。

私の親友のご主人が数年前に交通事故で亡くなりました。

ほぼ即死に近く、4時間前に出かけたときにかけた言葉を彼女はとても後悔し自分を責めていました。

その日彼女は風邪を引き熱があり、出かけるときにご主人に「早く帰ってきてね・・・・」と声をかけ布団の中から手を振ったそうです。

その4時間後、警察からの電話でご主人が亡くなったことを知りました。原因は飲酒運転だったそうです。

ある会合の後、お酒を飲んでいたので周りの人が車を置いて帰るように声をかけたそうですが、「早く帰らないと・・・」と言い残してドアを閉めたそうです。

その数分後に事故は起きました。

自宅から数百メートルの距離だったそうです。もしかしたら歩いても帰れる距離だったかもしれません。

それを聞いて彼女は「私が早く帰ってきてね」なんて言ったから・・・とずっと自分がかけた最後の言葉を悔いていました。

この話を聞いてから、私は自分の大切な人達との出がけの挨拶をとても大切にするようになりました。

家族だけでなく職場でも、同じ時間を共有する人たちとかけ合う言葉はとても大切だと思っています。

ところで・・・・・

仕事とプライベートのバランスはなかなか難しいですね。

特にお客様あっての私達にとっては、約束していたデートもドタキャンということが繰り返しあるはずです。

時には毎日夜23時頃までオフィスにいて、かなり悲しい気持ちになりましたが、「こんな状態がずっと続くわけではない」と自分に言い聞かせていました。

そうならないように何とかしようとプロセス改善や増員の手配もしてみました。そのすべてが成功したわけではありませんが、いくつかは回りの人達のサポートによって実現し少し楽になりました。

「良いときもあれば 悪いときもある」
「今の努力は必ず報われる」

・・・・と夜中に自宅に向かう夜道をトボトボ帰るときには自分で自分を励ましたりもしました。

また、家族や大切な人にも理解をしてもらえるように「なぜ今そこまでして働くのか」を伝える努力もしました。

子供達が小さなときにはかなり苦しみましたが、私は大切な人たちとは、いっしょにいる時間の長さよりも密度を大切にしてきましたし、これからもそうして行きたいと思っています。

これが私の仕事とプライベートのバランスの取り方です。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

私がコーチングと出会い言葉の大切さを実感していた頃と親友のご主人が亡くなったのがちょうど同じ頃でした。それからは忙しくてイライラしているときにも、出掛けや別れ際には明るく元気になるような言葉をかけるようにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心を打たれた詩~「もし、私が知ってさえいたら」~

最近久しぶりに心を打たれた詩がありましたのでご紹介します。
コーチングを学んでいる人から教えていただいたものなので、すでにご存知の方もいるかもしれませんね。

タイトル「もし、私が知ってさえいたら」

もし、ぐっすり眠っているあなたを見るのが
これで最後だと知ってさえいたら
私はあなたをもっとしっかり毛布に包んであげ
神様の祝福を祈っただろう

もし、外出するあなたを見るのがこれで最後だと
知ってさえいたら
私は、あなたをしっかり抱きしめ、キスをし
出かけるあなたをもう一度、呼び止め
もう一度しっかり抱きしめたことだろう

もし、あなたの心からの、ほめ言葉を聴けるのが
これで最後だと知ってさえいたら
私は、それを毎日繰り返して見ることが出来るように
あなたの言葉とその態度のすべてをビデオに撮影したことだろう

将来の道を考えるための明日はきっとあるし
きっと来ると考えている

すべてをやり直すための明日はきっとくるはずだと
私たちは考えている

「愛しているよ」といえる別の日がいつか必ずあるのだろう
「何か手伝いましょうか」と言える機会が
またきっとあるのだと思う

しかし、万一、それが間違いだったら、あなたはどれほど
愛しているのかを伝えられるのは、今日しかないのだ

そのことを決して忘れないようにしたい

若者にも、そうでない者にも、明日という日は
約束されているわけではない

だから、今日こそ、あなたが愛する人をしっかり
抱きしめることができる最後の機会かもしれないのだ

もし、あなたがなすべき明日が待っているのであれば
今日実行してみたらどうだろう

もしかしたら、明日は来ないかもしれないし、そうなったら
きっとその日、あなたは後悔することになるだろうから

笑顔を見せること、抱きしめたり、キスしたりするための
ほんのわずかな時間

相手があなたに求めている、唯一の
最後の願いだったかもしれないそれらのことを
多忙を理由に拒否してしまったとしたら
きっと後悔することになるだろう

だから、今日、愛する人をしっかり抱きしめよう
そして耳元でささやこう
愛していることを
いつも大切な人だということを

「ごめんなさい」「ありがとう」「大丈夫」
「いてくれてありがとう」と時間をとって伝えよう

そうすれば、もし明日が来ないとしても、今日、この日に
後悔することはないだろうから

(作者不詳 : 関根一夫 訳)

この詩を紹介してくれた人からは「無い日遅くまで仕事をしている皆さんは、仕事とプライベートのバランスをどうやってとっていますか?」と質問されました。

私がお返事した内容は明日ご紹介したいと思いますが、皆さんは仕事とプライベートのバランスをどうやってとっていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合格しました

12日にキャリアコンサルタントの合格発表がありましたが、お陰さまで無事に合格することができました。

今回は仕事の都合もあり、試験を受けるかどうか申し込み当日まで迷っていましたが思い切って試験を受けてよかったです。

仕事をしながら勉強の時間をつくるのは正直ちょっと大変でしたが、講座を受けた同期の仲間にも恵まれ情報交換をしながらモチベーションを維持することができました。

試験直前には「昨年までよりも難しくなったらしい・・・・・」という噂もながれ、噂どおり一次試験は予想していたよりも難しかったです。二次試験は心を入れ替えて(?)準備をしたのですが、やっぱり発表までは落ち着かない毎日でした。

この資格を取るのは今年掲げた一番の目標だったので、好きな映画も読みたい本も、食べ歩き(飲み歩き?)も封印してがんばった甲斐がありました。

今後はこの資格を生かしてさらに仕事の幅を広げ、若年者や結婚や出産で一度職場を離れた女性の職業選択の支援など、社会貢献の機会も広げて行きたいと思っています。

この資格に興味がある方はこちらをご覧ください。
第11期
http://seminar.jpc-sed.or.jp/detail/lrw/seminar004308.html

第12期
http://seminar.jpc-sed.or.jp/detail/lrw/seminar004309.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・リッツカールトン東京「ザ・ダイヤモンド・フォーエバーマティーニ」

今日はザ・リッツカールトン東京のラウンチでのことです。

ザ・リッツカールトン東京は、今年3月に六本木の「ミッドタウン・タワー」の中にオープンしました。私が利用したのは45階にあるロビーラウンジ&バーですが、まず何よりも広いフロアと高い天井がゆったりした空間になっています。

時刻が夕方近かったため私はグラスワインをお願いしましたがメニューを眺めていると何種類ものマティーニの一番上に「ザ・ダイアモンド・フォーエバーマティーニ」と書いてあります。マティーニの中に約1カラットのダイヤモンドが入っているそうでお値段は一杯180万円。

ミーハーなのでラウンジにいた担当者の方にいろいろアレコレ質問してしまいましたが飲み終わった後に中にはいっているダイヤモンドで指輪を作る料金も含まれているそうです。

土曜日の夕方でかなり混み合っている中、かつ女同士の私たちがオーダーするはずもないのにラウンジのスタッフは嫌な顔もせず丁寧に質問に答えてくれます。聞けば今のところまだオーダーした人はいないとのこと。あのホテルに宿泊するような人たちの中には「ポイッ」とオーダーしそうな人がたくさんいると思うのですが・・・・。

ザ・リッツカールトン・ホテルは戦略としてスタッフがなるべくお客様と多くの接点を持つようにしているそうです。例えば以前ザ・リッツカールトン大阪で伺ったお話では、トイレの場所などもあえてスタッフに尋ねないとわからないようにしているとのこと。そして尋ねられたスタッフは「かならずお客様をその場所までご案内する」というのがスタンダードだそうです。

(今でこそ多くのホテルやサービス業界で真似されていることですが以前はなかなかそういう対応をされることは無かったと思いませんか?・・・・・)

こうやってお客様との接点をいかに多く、長く持ち、その会話でお客様によい印象を残せるようなスタッフを採用し育てる仕組みは多くの企業のベンチマーキングになっています。

私たちが180万のマティーニのことをアレコレ質問したスタッフの方も、それとなくアフタヌーンティーのことや他の評判になっているメニューのことなども紹介してくれたりして、それがまた嫌味じゃなく良い感じです。(ちなみにこのロビーラウンジには18000円の和牛ハンバーガーがあるそうです・・・・)

こうしてなるべく自分達のホテルでいかに心地よくすごしてもらいつつ、かつ多くのお金を落としてもらうか、サービスの評判と売上増の相乗効果を狙っているところは本当に学ぶところが多いです。

ザ・リッツカールトンでの私の体験談は2005年10月10日にも書いていますのでよろしければお読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »