« 女友達 | トップページ | 新宿デパート戦争 その1 »

少女の夢

昨日、知人のお嬢様で4月から高校一年生になる女の子のコーチングをして欲しいというご依頼を受け、いろいろとお話をしてきました。

ご本人にご了承いただいているのでその内容をすこしご紹介したいと思います。

お父様から依頼されたコーチングのテーマは「本人が自分にあった勉強方法を見つけ、高校3年間で志望する大学への推薦をもらえるように成績を上げること」とのこと。

お話を伺ってみると、どうもお母様が優等生タイプで「学校の成績を上げる事」がすなわち幸せな生活を送る重要なスタートラインだと考えているようです。

片や、そのお嬢様は中学3年間、ほとんど勉強をせず、自分でも危機感を感じてはいたものの、成績を上げるための目的意識が全く見つからなかった様です。その代わりクラスで取り組む学校行事で高いパフォーマンスを出し、クラスが団結し、一生の友ができたことを誇りに思っているようです。

当初お父様からは「意欲がない」と伺っていたのですがお目にかかってはじめの数分間話しただけで、まったく違う印象を持ちました。

確かに勉強に対する意欲は中学時代はなかったかもしれません。「成績は悪かった」とご本人も認めていました。でも「クラスで取り組んだ学校行事での成果や部活を通じて得たものは、何にも増して自分にプラスになっている」と生き生きとした表情で語ってくれました。

ステキ!

こんな風に充実した中学生活を送れた事は彼女のこれからにもきっとプラスになると信じます。

私にも同じ年頃の男の子がいますが、やっぱり女の子の方が「弁」が立ち、自分の言いたいことをはっきり言うという印象どおりで、話を聞いている間、次々とプチ感動の嵐でした。

将来の夢もしっかり持っていて、その一つが「アナウンサーになること」

そのためには自分が目標としている大学への推薦を勝ち取って、「その大学のネームバリューも活用しつつ、アナウンサーに挑戦する」、とキラキラした瞳で話してくれました。

「推薦を勝ち取るには苦手な数学の成績を上げる」とのことで、その課題についてもある程度具体的なアクションプランも話し合いました。

私からは最後に、「アナウンサーになったら???」とその先の夢について語ってもらったところ、

「大好きなマイケルジャクソンの取材がしたい」という答えが出てきました。

とっても具体的!!

夢は叶える為にあると信じています。
このお嬢さんとはこれからも定期的にお目にかかって夢の続きを語り合いたいと思っています。

そのときは、もっと、もっと具体的に、イメージが膨らむような質問をしてみたいな・・・・と、質問を考えているこちらもワクワクしてきます。

新学期、たくさんの子供達が夢への扉に向けて、スタートダッシュしてくれることを願っています。

|

« 女友達 | トップページ | 新宿デパート戦争 その1 »

コーチング&コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/14498781

この記事へのトラックバック一覧です: 少女の夢:

« 女友達 | トップページ | 新宿デパート戦争 その1 »