« 新宿デパート戦争 その1 | トップページ | がんばれマー君! »

新宿デパート戦争 その2

先日の続きです。

新宿の高島屋から京王デパートへ移動し、長男へのプレゼントはここで調達。

京王デパートはどちらかといえばターゲット顧客をシニア層に絞っているので18歳の男子が気に入るものがみつかるかな?とも思っていましたが、ヤングカジュアルのメジャーなブランドは入っているので、通学にもちょっとした外出にも着て行けるようなシャツを自分で選んでもらいました。

今までユニクロやアウトレットなどのカジュアルなお店で買う事が多かったので、デパートで店員さんに相談しながら洋服を選ぶのは慣れていないせいかちょっと緊張した面持ち。

でも2-3件のぞいたショップのスタッフの方は、日ごろシニアのお客様の対応が多いせいか時間をかけて丁寧に応対してくれ、親切で気取りがなくて感じが良かったです。
本人もお気に入りのシャツがみつかり喜んでいました。

買い物を終えて、電車の時間もあったのでデパートの中の中華レストランへ。程なく長男のオーダーしたものは運ばれて来ましたが、私が頼んだものがなかなかできてきません。

はじめのうちは気にならなかったのですが、お腹もすいているのでちょっと気になりだした頃、店員さんも気になるのかチラチラとこちらを見て、
「今やっていますから」とか「もう少しお待ちください」とか声をかけてくれました。

それも誰か1人ではなく、2-3人の方が皆さん同じように声をかけてくれます。私の無言のプレッシャーを感じたのでしょうか・・・・。こちらが言う前にこうやって声をかけてくれると気にしてくれていると感じて嬉しいものです。

このレストランもフロアにいるウェイトレスさんはシニアの方が多いです。そのせいか、気配り、目配りが行き届いている感じで、こまめにお茶やお水も足してくれます。

実はオーダーした定食についていた杏仁豆腐のなかに髪の毛が入っていたのです。

お店の人に交換してもらおうとお願いしたところ、お詫びのしるしにということで、フルポーションの杏仁豆腐を持ってきてくれました。そこまでしてくれるとは思っていなかったので嬉しかったです。

おまけに支配人みたいな人が出てきて、「今後十分注意いたします」とか深々とお詫びしていました。そんなに大げさにされるとこちらも困ってしまいますが、ちょっとした気配り目配り、損して得を取るところが大切ですね。

実はこのレストラン、残念なことに味は決して良くないのです。でも便利なのと、今回の出来事できっとまた利用すると思います。

|

« 新宿デパート戦争 その1 | トップページ | がんばれマー君! »

CS(顧客満足) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/14665147

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿デパート戦争 その2:

« 新宿デパート戦争 その1 | トップページ | がんばれマー君! »