« 男性が使う美しい接客用語 | トップページ | 洋上研修(2007年度)について »

鈍感力って

最近話題になっている渡辺淳一氏の本「鈍感力」を読みました。

共感する部分と???と思う部分がありましたが、要するに

「小さなことにクヨクヨせず、広い心で、相手の言葉や行動に過度に反応しなければ、良い人生が送れる」
ということのようです。

以前コーチの勉強会で、「反応しない」というトレーニングをしたことがありました。

クライアント様のひと言ひと言に過度に反応せずにすこしはなれたところから冷静に状況やその言葉を発した背景などを考えてみることで、クライアントの方が本当はどうしたいのか、何をするべきなのか、が上手に引き出せる・・・といったものでした。

例えば、
「私、会社をクビになってしまったんです」といわれた時に「表情を変えずにただ頷く」といったトレーニングでした。

実際には「会社をクビになったなんて、大変ですね!」と受け止めることが第一なのですが、過度に反応しない訓練をしていると、次の質問をどうするか、などをしっかり考え、結果的に効果的なセッションが持てるということです。

確かにあまりにクライアントの方の気持ちに寄り添いすぎて、効果的なセッションができなかったこともありました。

それ以降時には「鈍感力」を活用することにしています。

|

« 男性が使う美しい接客用語 | トップページ | 洋上研修(2007年度)について »

コーチング&コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/14217810

この記事へのトラックバック一覧です: 鈍感力って:

« 男性が使う美しい接客用語 | トップページ | 洋上研修(2007年度)について »