« 思いやりある言葉 | トップページ | 税金を払う価値 »

コンラッドホテル東京

土曜日におなじみの女友達と3人でブランチ忘年会をしてきました。今回選んだ場所はコンラッドホテル東京
の中国料理レストラン「チャイナブルー」

8mの長さのワインセラーに圧倒されつつ奥の方の丸いテーブルへ。天井も広く窓から見える景色も素敵です。

コンラッドホテルは平均の客室面積が都内で一番広いそうです。そのせいかロビーも含めて全体的な空間がゆったりしています。

約束の時間よりも30分早く着いたので、ホテルの中をあちこち見て歩きました。土曜日の昼間なのに、ホテル全体が静かで落ち着いていて、メインビルディングと宴会場をつなぐロビーも、ほとんど人がいませんでした。

待ち合わせするには、28階のメインのロビーよりもこちらのロビーをお薦めします。座り心地のよい皮のソファーとクッションがいい感じです。

スタイリッシュホテルと言われているので、スタッフの方もちょっと近づき難い感じを想像していましたが、皆さん暖かい感じ。キョロキョロしながら歩いていたせいか、スタッフの方がポイントポイントで、ツボにはまった声をかけてくれました。

宴会場のロビーでは「宴会場までご案内いたしましょうか?」
ここで、「どちらかお部屋をお探しですか?」と聞かないところがミソ。どちらかお部屋をお探しですか?」だと「初めて来てどの部屋か知らないのですね?」という印象を与えてしまうかです。だからら、「宴会場までご案内いたしましょうか?」の方が「ご存知だとおもいますがご案内しましょう・・」というニュアンスになります。さすがです。

メインロビーに行く手前のエレベータホールの入り口では「メインロビーは28階ですので、こちらのエレベーターをご利用ください。」

チャイナブルーでは席に案内されるまでの間に「今日は日差しが強いので、ブラインドを下げていますが、もう少しすれば太陽の向きがかわりますので、ブラインドを上げて、景色をおお楽しみいただけます」

「お連れの方がいらっしゃるまで、お茶をお出ししましょうか?」などなど。

皆さん押し付けがましくなくてとても自然な感じ。基本はやっぱりお伺いの姿勢です。

極めつけは最後にやってきた友人が、ロビーでGMに声をかけられて、レストランまで案内されたとのこと。それも、ホテルのスタッフだということはひと言もおっしゃらなかったので、ましてやGMだとは!

レストランのスタッフの方に「あれは当ホテルのGMです。」と教えてもらって案内された本人もびっくり!「このホテルをよく利用するお客様なのかと思った・・・!」と言っていました。

ホテルのバッチや名札などもつけていらっしゃらなかったのでしょうね。そうすることでお客様がふと漏らすの生の声を拾いやすい状態にして、サービス向上に生かしているのかもしれません。

次は泊まってみたいな・・・と思いました。

|

« 思いやりある言葉 | トップページ | 税金を払う価値 »

CS(顧客満足) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/13155479

この記事へのトラックバック一覧です: コンラッドホテル東京:

« 思いやりある言葉 | トップページ | 税金を払う価値 »