« 困っていること~続編 | トップページ | コンラッドホテル東京 »

思いやりある言葉

CSに関する仕事をして、いろいろな本に出会いましたが、今でも好きな本の一つがベッツィー・サンダース著「サービスが伝説になるとき」

ここには「自分以外は皆お客様」とおもって仕事をするように書かれています。よく言われる「社外顧客」「社内顧客」です。上司にとっては部下はお客様。お客様という言い方が誤解をあたえることがあるので、私は「価値提供者」という言い方をしています。

自分の仕事の価値を受け取る相手です。その人にとって自分の振る舞いや発言がどんな影響力をもつのか、考えながら行動することが大切と言われます。

気づかないうちに傷つけたり、またその逆に自分の何気ない発言が相手に感動を与えたりすることもあります。

私生活でも同じようなことが言えるかもしれません。先日友人から「恋人の何気ないひと言にとても思いやりを感じて嬉しくなった。」という話を聴いたのでおすそ分けします。

彼女「今日は午後から雨が降ったわね・・・」 彼「そうだったね、濡れなかった?」

彼女は挨拶が代わりにお天気の話をしただけだったのに、「濡れなかった?」と言われて、とても暖かい気持ちになったといっていました。

同じようにその彼と食事に行った時に、会計を済ませて外に出たところ、外で何人かの人が席が空くのを待って並んでいたそうです。

その人たちを見て彼が、「もう少し早く出てあげれば良かったね。」とつぶやいたそうです。

この話を聞いてちょっとプチ感動でした。なかなかできないことですが、そうなれるように意識することが大切なのかもしれませんね。

|

« 困っていること~続編 | トップページ | コンラッドホテル東京 »

コーチング&コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/13127908

この記事へのトラックバック一覧です: 思いやりある言葉:

« 困っていること~続編 | トップページ | コンラッドホテル東京 »