« 引退~新庄とディープインパクト | トップページ | 信じられな~い! »

回転寿司のスピード

いままで何気なく食べていた回転寿司ですが、お寿司が回るスピードや回る方向にも売上を上げるために、顧客心理を利用していること教えてもらいました。

まず、回る方向は右回り。日本の回転寿司のほとんどが右回りだそうです。理由は日本人の多くが右利きで、右から流れてきたお皿を左手で取り、右手にもったお箸でたべる。確かに無駄がなくスムーズで心地良いのでしょう。

そしてお皿が回るスピードもベストなスピードがあるそうな。友人曰く1.4km/hだとか。

根拠は脳の働きに関係があるそうで、目で認識したものを取るか取らないか脳に命令を出し、お皿に手をだすという一連の動作がこのスピードなら一番自然にできるのだそうです。

速すぎると手を出したときにはお目当てのお皿はすでに通り過ぎ、逆に遅すぎると、手元にお目当てのお皿が到着する前に脳で「あれが食べたい」と起こった認識や命令が終了してしまって、欲しいという欲求が薄れてしまうとのこと。 

気になってネットで調べてみましたが、あまりこのトピックスについて触れているページがありません。

カッパ寿司は 5.8m/分と書いてありました。5.8m/分=1.4km/h なの???算数は苦手だけれど計算してみるとカッパ寿司は随分遅いと思うのよですょ。

友人のネタ元は2ヵ月くらい前に放映された「儲かりマンデー」という番組だとか。誰かこの番組を観た人、正しい数字を教えてください。

日本人は右利きだけれど、欧米の人は左利きが多いから、海外の回転寿司は左まわりが多いのでしょうか?たまたま23日から26日まで仕事でシドニーに行くので現地で回転寿司を探してみます。

|

« 引退~新庄とディープインパクト | トップページ | 信じられな~い! »

CS(顧客満足) 」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。お元気ですか?
私は、北陸の出身でお寿司やお刺身は大好きなんですが、イマイチ回転寿司が好きになれません。
なぜかと言うと、回転しているネタがいつから回っているのかわからないからです。人気のないネタやたまたま誰にも取られることがなかったお寿司が半永久的に回っているのではないかと不安になってしまうのです。
だから私は職人さんが目の前で投入したものや直接頼んだものしか食べないようにしています。
神経質なのでしょうか・・・。

投稿: フィッシャーマン1976 | 2006年10月14日 (土) 09時49分

フィッシャーマン1976様、ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。実は私も回転寿司には行きますが、だいたいがお客様が少ない時間なので、お皿が回っていることがあまりなく、ほとんどの場合は自分の食べたいものを頼んでいます。回っているお皿を取るときも正直なところ職人さんが握ってすぐに流れてきたものでなければ手を出す気になれないです。だって、何回もまわっていたらやっぱりちょっと・・・・ね。だから私にとっては回転のスピードも回る方向も関係ないかも・・・・。

投稿: 宮澤 美惠子 | 2006年10月14日 (土) 10時40分

 宮澤さん、お久しぶりです。
 元回転寿司の店長として、大体今の寿司屋は(100円寿司)以外は回っているのを食べて貰おうとは思っていません。まぁ『実物のメニュー』みたいな物です。
 そしていまいち注文しにくい人は、板前さんからみて右に2~3席目に座ると良いですよ。丁度レーンに流して直ぐですから。暇な時間帯は大体その位置へお客様をご案内してました。
 レーンの速度は、詳しくは分かりませんが新しいタイプのレーンは速度調節が細かく出来るので、時間帯や客数によって変化させているようです。
P.S
 寿司にキャップを付けている所や、醤油の小皿が無い店はあまりよろしくないですね。ほぼ手抜きです。

投稿: 安西 紀和 | 2006年10月15日 (日) 12時07分

安西さん、コメントありがとうございます。そうでしたね、安西さんは回転寿司の店長さんだったのでしたね。なるほど確かに最近の回転寿司はどちらかというと希望のものをその都度握るという方向なのかもしれません。そしてレーンのスピードも状況にあわせて変えないと意味がないかもしれませんね。おしょうゆの小皿がないところは手抜きというのは、良いポイントを教えていただいてよかったです。ちなみに私が時々利用するところは、そういえばおしょうゆの小皿はないかも・・・・。こんど小皿くださいって行ってみようかな?

投稿: 宮澤美惠子 | 2006年10月15日 (日) 21時18分

こんにちは。ご無沙汰です。
友人と食べに行くときはお酒が入るので問題ありませんが、私は、シャイ&日本語がスムーズにでない方なので、家族と食べるときは回転寿司は助かっています。
以前、知人から聞いた話ですが、回転寿司のお皿にはICタグなどが付いており、古い皿を除いているお店をテレビで紹介していたそうです。関西系のチェーン店のようです。実は技術&コスト的にも難しいようですが、改善に取り組んでいるようでした。
なお、回る方向は時計回りだから、右回りですよね。
んん?私の勘違いですかね??

投稿: 浦安 | 2006年10月29日 (日) 23時53分

浦安様へ、こんにちは、ハンドルネームから想像するにあの方ですよね・・・・。このコメントを見落としていてすみません。回転寿司のお皿にはICタグなどが付いてるというのは私も以前テレビで見たことがあります。それから、確かに回る方向は右周りですね・・・・ご指摘ありがとうございました。修正します。

投稿: 宮澤美恵子 | 2006年11月 5日 (日) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/12271905

この記事へのトラックバック一覧です: 回転寿司のスピード:

» 顧客の心をとらえるセールス文書の書き方 |安田 賀計 [副業在宅【公務員・サラリーマンの在宅副業ビジネス】]
顧客の心をとらえるセールス文書の書き方.... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 11時32分

« 引退~新庄とディープインパクト | トップページ | 信じられな~い! »