« 犬の接客係り~ボストンのホテル | トップページ | クレーム博覧会 リニューアル »

いざとなったら体力

最近私の回りで仕事が忙しすぎて体調を崩す人が増えている。効率や生産性を追及すれば当然一人一人の負荷は多くなり、とくに中間管理職はプレイングマネージャーとして実務もこなしながら、管理職としての役割も求められ、みんな本当に疲れている。

そんな状況では、チームのメンバーに心を配り、コミュニケーションを取っていくことがだんだんできなくなる。そしてその繰り返しで気持ちばかりが空回りし、ネガティブサイクルに入って行き、最後は倒れる。というパターンです。

人に優しい会社って何なのだろう・・・・・。

私も昨年体調を崩し、3ヶ月仕事ができなかった時期がありました。でも私のケースは本当に初期の段階で、その原因もわかっていたので、自分で休むことを選択しひどくなる前に回復したし、「神様がくれた休養だった」とプラスに捉え、普段できないことをして、いろいろ考えることもできて充実した日々でした。もともと基礎体力があったことも幸いし、健康に生んでくれた両親に感謝もしました。

休む勇気も大切・・・と今振り返ってみるとそう思える。

少し前にNHK総合テレビのプロフェッショナルの76日放映分の再放送を見ました。そこで紹介されていたカーデザイナーの奥山清行氏も「何だかんだいっても、最終的には体力ですね。」と言っていました。(放映内容は↓をご覧ください。)

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060706/index.html

最近の若い人たちをみていると、食生活も乱れているし、生活のリズムもめちゃくちゃだし、将来いざというときの「火事場のバカ力」が出ないのじゃないかと心配です。

そろそろガールフレンドもできそうな気配の子供たちには、「仕事も勉強も恋もいざとなったら体力だからね!」ときちんと食べ、きちんと生活することの大切さと伝えて行きたいと思っています。

|

« 犬の接客係り~ボストンのホテル | トップページ | クレーム博覧会 リニューアル »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/11225136

この記事へのトラックバック一覧です: いざとなったら体力:

« 犬の接客係り~ボストンのホテル | トップページ | クレーム博覧会 リニューアル »