« クレーム博覧会 リニューアル | トップページ | 黙々と・・・・・ »

洋上研修 2006年一号船 事務局反省会

昨日は洋上研修2006年一号船の主催者の事後検討会がありました。研修全般を通して、よかった点、改善すべき点を話し合います。私は仕事の都合でほんの少ししか参加できなかったのですが、主催者共通の印象は「今年の洋上研修一号船の参加者の皆さんは、例年にも増してまじめに真剣に参加された方が目立った」という点です。

200名以上の方が集まれば、中には研修に参加する意味や価値を感じることができず、全日程を通じて一貫して否定的な態度や、後ろ向きな姿勢を貫く方がチラホラいらっしゃいます。

でも、今年の一号船は皆さん積極的で、質問なども活発でしたし、ブロックリーダーとしてはとても研修が進めやすかったと思います。

この検討会では最後に参加者の皆さんに書いていただいたアンケートの結果や9日間の間にさまざまな場面であがってきたフィードバックも話題になります。

その中で、事務局が最重要検討課題にあげているのが、「最後のさよならパーティーでの乾杯用のビールを今後主催者として用意するべきなのではないか?」という点です。

実はこの案件は、最後のさよならパーティーで参加者を代表して挨拶をされたある方のコメントがきっかけです。

「予算の都合もあるかもしれませんが、最後のパーティーでビール一本くらいは、無料で出してくれてもいいんじゃぁないかと思います。」と・・・・・・・。

最後にリラックスした雰囲気の場所でのコメントですので、トゲのある発言ではなかったのですが、事務局の担当者の方は「確かにそうだ」と思ったそうです。

基本的に寄港地での食事の飲み物代は自己負担になっています。そのルール通りであれば、最後の食事のビール代も自己負担というの仕方がないのかもしれません。でも「さよならパーティー」という場であれば、乾杯用のビールくらいは用意されている」と事前期待があるのは当然かもしれませんね。

実は発言されたのは私が担当したブロックの副幹事の方でした。挨拶した後でしきりと気にしていらっしゃいましたが、やっぱり本音のフィードバックを聴くことが改善の一番の近道なのかもしれませんね。

|

« クレーム博覧会 リニューアル | トップページ | 黙々と・・・・・ »

CS(顧客満足) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/11283324

この記事へのトラックバック一覧です: 洋上研修 2006年一号船 事務局反省会:

« クレーム博覧会 リニューアル | トップページ | 黙々と・・・・・ »