« ブログのバックナンバー | トップページ | 成田空港南ウィング »

学校経営におけるリーダーシップ

昨日高校3年の長男の私立高校で公開授業とその後体育館で全体父母会があり校長先生からいろいろな報告がありました。

長男が通っている高校は市立ですが、心の教育に力を入れています。その為、生活態度や持ち物・服装のチェックが普通の高校よりも厳しいところがあります。茶髪・ピアス・腰ズボン・携帯持込禁止・アルバイトも禁止です。

保護者からは「厳しすぎる」という意見もでるようですが、私はそうは思いません。

生活の乱れはまず、服装の乱れや言葉の乱れから始まります。形を整えて初めて次のステップに進む準備ができていると考えます。それでなくても今は学校から一歩外にでれば、かなり自由にできているはずですから、学校内はある程度厳しくしておかないと、無法地帯のようになってしまいそうです。

この学校ではあいさつをしっかりできるようにすることに力を入れています。学校に行くと、生徒たちが知らない人たちにも率先してあいさつしてくれます。気持ちが良いものです。

また、校長先生からは生徒に対してアンケートを取った結果が報告されていました。このアンケートは校長のみが見るものだそうで、授業の内容や進め方、先生に対する要望・感想、給食の内容や質に対してなど多岐に渡ります。

よくアンケートを取ってもその結果を公表しなかったり、取り組みについて報告がないと

「アンケート公害」といって二度と協力してもらえなくなります。そういうところをよく理解していらっしゃるようで、すぐに授業内容の変更や・理科の教諭を二人体制にするなどのアクションをとっているところは好感が持てました。

少子化の時代、学校経営の現場も強いリーダーシップで変化して行くことが求められているようです。

|

« ブログのバックナンバー | トップページ | 成田空港南ウィング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/10399654

この記事へのトラックバック一覧です: 学校経営におけるリーダーシップ:

« ブログのバックナンバー | トップページ | 成田空港南ウィング »