« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

KatsuoさんのWEBサイト

1月18日と2月2日のこのブログでもご紹介したサックスプレーヤー Katsuo(宮崎勝央)さんのWEB SITEがリニューアルしました。演奏しているときの写真も沢山掲載されています。

http://katsuo-sax.com/KatsuoMiyazaki/contents.html

2006年2月に発売されたアルバム「ESPERANCA」はブラジルの言葉で「希望」

ブラジルには「希望は一番最後に死ぬ」という言葉があるそうです。

いよいよワールドカップも始まりますが、このアルバム聴きながらブラジルと対戦する日本チームを応援しませんか?

もしかしたら優勝しちゃうかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話し合いの方法を変える

会社の改革やサービスの改善などはまず、人の行動を変えていくことが絶対に必要ですが、素晴らしい組織に共通していることのひとつは質の高い話し合いが行われていることだそうです。

日本経営品質賞 表彰制度委員会 委員長 岡本 正耿氏によれば 話し合いの方法を変えていくことがもっとも大切で、もっとも難しいとのこと。

岡本氏によれば、質の高い会議のポイントは参加している人たちが皆、①笑顔で ②相手の目を見て ③うなづき ④あいづちを打つ、この4つだそうです。

これってまさしくコーチングでいう、最初のアイスブレークと聴くためのスキルとぴったり一致します。

私が参加している多くの会議でも、この当たり前のことが案外できていないように感じます。

皆さんの周りはどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケルティック・ウーマン

今日の午後は自宅でずっとケルティック・ウーマンのCDを聞いていました。

このCDの中にはいっている「You Raise Me Up」は荒川静香選手がトリノオリンピックで金メダルを獲った後のエキシビションでブルーの衣装を着て華麗に滑ったときに流れていたあの曲です。

「You Raise Me Up」=「あなたが励ましてくれるから」

繰り返しそう歌われるこの曲を選んだ荒川選手は、苦しいときもずっと励まし支えてくれたファンや周りの人への感謝の気持ちを表現したかったのかなぁ、と思います。

オリンピックでこの曲を聴いたときすぐにCDを探しました。それ以来落ち込んだときや、癒されたいときには繰り返し、繰り返し聴いています。

誰だって一人では生きられないから、誰かに傍らにいて欲しいですよね。子供にとっては親だったり、親にとっては時には子供だったり。クライアントさんにとってはコーチだったり。時にはコーチの私がクライアントさんに勇気をもらうこともあります。

今日はコーチングの勉強会で教えてもらったアルベール・カミュの言葉をご紹介します。

「私の前を歩かないでください。私は後についていかないかもしないから。私の後ろを歩かないでください。私は先導しないかもしれないから。いつも私の傍らを歩く友であってほしい。」

そんなコーチになるのが目標です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれてきたことが嬉しい

参加している共育コーチング研究会で実施した子供達へのアンケート結果が揃いました。

いろいろな回答があって楽しかったです。アンケートにご協力いただきました皆様ありがとうございました。

アンケートの中に「いままでで一番嬉しかったことは何ですか?」という質問がありました。いくつか選択するようになっているのですが、私が集めた回答12名の内何名かが「生まれてきたこと」と答えていました。

ちょっと感動しました。

選択肢の中には、「何かを買ってもらったこと」や「何かがができたこと」「ほめられたこと」などもありましたが、それではなくて「生まれてきたこと」と回答したのです。

「生まれてきたことが嬉しい」・・・何て素敵なことでしょう。そのまま、「生きていることが楽しい」と感じることができる大人に育ってくれることを願っています。そしてそんな社会を作ることが私たち大人の責任ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大切な仲間

大切な友人が亡くなりました。

今日は成田空港時代の同期だったその友人のお通夜でした。同期は全部で8人。彼女はいつも皆のお姉さん的存在でした。

成田空港での仕事は早番、遅番があり、住んでいた寮での生活は、どちらかというと大学の体育会系の合宿のようなノリでした。早番がおわったときには、田舎の成田から都会の六本木までわざわざ出かけて行き、翌日も6時からの仕事なのに明け方近くまで遊んだり、遅番がおわった後は夜中に皆でパジャマパーティーと言ってすっぴんで飲んでおしゃべりしたり。楽しかったなぁ・・・・・。

社会人になってからそういう仲間と出会えることは珍しいことかも知れません。本当に良い思い出です。

いろいろあったけれど、あの時代の日本航空で仕事をした日々は私にとっては宝物です。仕事が人を育てるという言葉どおり、お客様にお叱りをうけながらも成長できたと実感するし、素敵な先輩や仲間と同じ時間を共有できたことは幸せだったと思います。

それぞれが会社を辞めてからも、時々同期皆で集まっていました。私が転職するたびに、「みい、無理しちゃだめだよ。」と心配してくれた彼女のやさしい言葉がいまでも耳に残ります。

彼女の分までしっかり一日一日を過ごして行こうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相手の気持ちになる~岩合氏の言葉~

今日のNHK綜合第一テレビ「クイズ日本の顔」に写真家の岩合光昭氏が出演していました。岩合氏のことはこのブログでも書きましたので、そちらをご参照ください。(2005年8月28日と9月7日)

岩合氏はアフリカや極地の野生動物の撮影で有名ですが、身近なイヌやネコの写真集もとてもほのぼのとして良いものがあります。今日の番組では身近な動物の写真を撮影するコツなどからクイズを出題していました。

番組の最後に、「やっぱり動物の気持ちになることが一番大切ですね。撮らせてもらっているのはこちらですから・・・」と。あれだけ世界的に有名な写真家でいらっしゃいますが、おめにかかると本当に謙虚な方で驚いてしまいます。そして人の話を聞くのがとても上手な方という印象があります。じっと目を見て、いろいろな質問をされますが、意識せずに自然に本音が言える雰囲気です。

それはきっと、動物の写真を撮る時と同様、相手の気持ちを考えるということを大切にしているからかもしれません。

コーチとしてはクライアントさんの気持ちをもっと察することができるようにならなくてはと、最近反省する出来事があったので、本当に初心に戻れる時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原了郭の黒七味

最近お気に入りに加わったものをご紹介します。

先日京都に行った時に知人から教えてもらった「原了郭」「黒七味」です。今日は水菜と油揚げを具にした暖かいおそばにかけて食べました。何でもないおそばがメリハリのある味に変わります。次は「かき揚げ」で試してみるつもりです。

知人から紹介されたときには、祇園の本店と京都駅の伊勢丹の地下食品売り場でしか買えないといわれてなおさら惹きつけられたのですが、ネットでしらべたところ 京都が好きというサイトで通販で買えることがわかりました。

お店の店頭でしか買えないのも付加価値がありますが、お気に入りで繰り返しオーダーしたい食品は、やっぱり通販で買えると嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自分を知り相手を知る

自分がコミュニケーションをとっている相手は自分と同じではないことを理解していると話が食い違ったり、理解してもらえなかったり、相手の反応が期待していたものでなくても受け止めることができます。

私がコーチングを学んでいるCOACH21のサイトでは簡単に自分のタイプを知るテストを提供していますのでご紹介します。

自分を知り相手を知ることで、より良いコミュニケーションが生まれます。家族や友人同士でテストをしてみると「どのタイプ?」なんて盛り上がって楽しいですよ。

ちなみに私はプロモーターです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番行きたいところ

もともと旅行が好きで長時間の飛行機の旅もまったく苦になりません。今まで一番遠くに行ったのは、アフリカのマサイマラ国立公園。もう8年前のことになります。この時のことも近々このブログで書きたいと思っています。

アフリカも遠かったのですが、今一番行きたいところは南米ペルーのマチュピチュ。2週間くらいはたっぷり時間をとらないといけないので、行けたとしても後3-4年後になりそうです。

先日子供達と「一番行きたいところ」の話をしていたら、偶然にも次男から「マチュピチュ」という答えが返ってきて、ビックリしました。やっぱり親子なんだなぁ・・・・・と。

いっしょに行けたらいいけれど。まさかおぶって登ってもらうわけにはいかないので、その時の為にも体力はつけておかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性マネジメントリーダー研修

今日はひとつお知らせを。

社会経済生産性本部が企画している女性マネジメントリーダー研修が参加者を募集しています。

この「研修は女性リーダー育成の研究と指導で実績のある「バブソン・カレッジ」との提携により、対人関係を中心にしたリーダーシップに焦点をあてた研修プログラムです。

また、外国人講師との交流や現地企業の視察、また一泊ですが現地のホームステイの機会も設けられています。

これからリーダーを目指す女性の皆様、ぜひ自分に投資するつもりで参加しませんか?参加者同士のネットワークも付加価値になるはずです。

詳しくは上記をクリックしてご確認ください。私も行きたいけれど・・・予算と時間が許すかどうか・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よいお手本に

夜23時頃に東京駅から乗った中央線。斜め前に立っている若い男性が携帯電話でず~っと話しています。どうも酔っているらしく目がうつろ。

一人話し終わったと思ったら、また別の友達にかけています。話の中身からどうも学生時代の部活の仲間にOB会の連絡をしている様子。

2-3分なら我慢できるけれど、合計通話時間は新宿につくまでの20分間!もうあきれてしまいました。でも隣にいる人も、目の前に座っている人も、ジロジロ見てはいるものの、誰も注意しません。酔っ払っているから仕方ないと思っているのでしょう。私は3人くらい離れた斜め前の席だったので、声も届かず、突っつくこともできず、イライラしながら見ていました。

背も高く、見た目もそれほど悪くないのに、何と情けない若者か!とオバサンは悲しくなってしまいました。こんな大人がいたんじゃぁ、子供達にルールを守るようになんて偉そうなことは言えません。子供達は携帯で話している大人もダメだけれど、見て見ぬふりをする周りの大人のも醒めた目で見ているようです。

私は携帯もイヤホンの音漏れもすぐに注意してしまうほうですが、子供達は「刺されるからやめたほうがいいよ。自分だけ損するじゃん。」と逆に心配してくれます。

ところでその酔っ払った若者は、新宿で私の隣の席が空いたとたん、どすん!と座ったかと思ったら、コミック雑誌をとりだし、読み始めました。そしてしばらく経つと寝てしまいました。そしてコックリしながらしまいには、私の方を枕代わりに!

まったくもう!!こんな大人じゃぁ、子供達に恥ずかしい!!

よいお手本にならなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインの通販

友人から教えてもらったワインの通販サイトにはまっています。

京橋ワイン和泉屋がそれです。

会員登録するとどちらも毎日のようにメールマガジンでお買い得のワインを紹介してくれます。木曜日の23:59までにオーダーすると土曜日には配達してくれます。週末に友人が急に来ることになったときなどにも便利です。

京橋ワインは送料無料・代金引換払いの手数料も無料です。過激なメールのタイトルと紹介文につられてついつい買ってしまいます。今日は代金引換にしておいた荷物が受け取れず再送依頼をしたところ、迅速に対応してくれてとても良い感じです。1000円程度のコストパフォーマンスの良いワインもたくさん揃っています。

さっきもスペインのワインをオーダーしてしまいました・・・スペインのワインは今注目らしい・・・・・。

和泉屋は京橋ワインほど過激なメールのタイトルではありませんが、店長の新井氏が書くブログがとても参考になります。今なら初めてオーダーする人向けに白ワイン2本とソムリエナイフがついたセットが3000円で出ています。

ワインが好きな方はぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラえもんのポケット

ゴルフをやっている方はよく「タラ・レバはない」とおっしゃいますが、何か問題を解決するときには「~だったらもっとよくできる」「~こうなっていればミスがなくなる」ということを自由な発想でどんどん発言してもらいます。

そんな時に役に立つのが「ドラえもん」で、「もしドラえもんが叶えてくれるとしたらどうですか?」とか「ドラえもんのポケットから出してもらうとしたら?」という聞き方をすると、皆さん抵抗なくふっと自由な発想になれるようです。

今参加している「共育コーチング研究会」では子育てや教育の現場にどのような形でコーチングコミュニケーションを役立てるかを研究しています。その資料とするために、小中高校正を対象に「アンケート」にご協力いただいています。

そこにも「ドラえもん」のポケットからひとつ道具を出してもらえるとしたら何を出してもらいたいですか?という質問があります。

2人の高校生の子供達にもアンケートに答えてもらいましたが、それぞれ個性がよくでている回答や「へ~っと」おもわせる意外な回答があってなかなか面白かったです。

このアンケートにご協力いただける方は下記までお知らせください。

mieko.miyazawa@customers-eye.com

ちなみに、「ドラえもん」ネタは、業務改善のミーティングなどで、場が硬いなぁ・・・と思ったときにも、ときどき使っています。普通に質問されたら、「こんなこと恥ずかしくて言えないなぁ」というようなことでも、意外と発言できてしまったりして効果を発揮します。お試しください。

さすが国民的アイドル「ドラえもん」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまった!

おとといまた毎日更新します!と宣言したブログですが、さっきみたら昨日掲載されているはずの記事がでていないではありませんか???

おかしいな?と思ってしらべてみたら、公開指定日を間違えて設定していました。

このココログには投稿する記事を公開する日付をセットする機能がついています。昨日は外出して夜遅くなりそうだったので、おととい記事を書いて昨日の夜公開されるようにセットしたはずが・・・・・日付が5月15日になっていましたぁ・・・・・。

本当におっちょこちょいで、どちらかというと「すぐやる!後でなおす」という習性がバレてしまいました。

品質の向上にはまず、「正しいことを正しい方法で」「ミスをなくして無駄なコストを減らしましょう。」・・・・なんてセミナーなどでお伝えしているくせに・・・ダメですね。

ということで、今日は懺悔のブログでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性パワー

女性の時代といわれていますが、本当にどこに行っても消費拡大に貢献しているのは女性だとつくづく感じてしまいます。

以前少し値がはるあるホテルのレストランでランチをしたときも、先日神戸で友人と夕食をしたレストランでも、周りを見回したらぜーんぶ女性でした。

すこし前はこういうレストランではカップルの姿もみかけましたが、最近は女性がグループで楽しむ姿が本当に増えたなぁと思います。

とくに団塊の世代のシニアの女性はこれから益々増えそうで、彼女達のニーズにどうやって応えるかがキーワードかもしれません。今、知人からの依頼でワインと手料理をメインにしたレストランのサービスプランを作っていますが、ターゲットはやはり40代ー60代の女性。食べる側のプロとして、また、同世代の代表として自分の願いを盛り込めるので、楽しみながらプランを作っています。

プランどおりにお客様がリピートしてくれるようになるように気合を入れて考えます。こういう「お客様の視点で考えてください」といわれた仕事はとっても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目ぢから

NHKのその時歴史が動いた という番組で、「マッカーサーを叱った男 白洲次郎 戦後復興への挑戦」を観ました。

かなり感動しました。今まで知らなかったのが残念です。詳細は下記でどうぞ。

http://cgi2.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_syokai.html#01

もう一つ感動したのは、白洲次郎氏のハンサムなこと。とくに画面に写った当時の写真を見て、瞳が何かを語っている感じがしました。

私はよく、友人から「面食い」と言われるのですが、ただ単に顔のつくりが綺麗とか、目を引くということではなくて、目ぢからがある人が好きなのです。まぁ、そういってもなかなか理解してもらえませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続けることの成果

「ふぅ~」っとため息がでてしまいそうなあわただしい一週間で結局ブログを更新できないまま過ぎてしまいました。

反省!

今年のテーマは「続けること」だったはず。

ただ、忙しくなった理由も「コツコツ」続けてきたことが少しずつ成果として現れてきたお陰です。

カスタマーズ・アイとして企画した「コミュニケーションセミナー」は火曜日が第二回目でした。今回は「質問する」というテーマで皆さんとロールプレイをしたり、相手や自分のタイプを知り効果的なアプローチを考える「タイプ分け」をしたりで、盛り上がりました。

ロールプレイでは自発的にクライアント役を買って出てくださった方の現状を解決するための質問を考えて、リアルなロールプレイができました。質問されたクライアント役の方からも「すっきりした」「グサっとくる質問があった」というコメントがあり、自分の情報収集のための質問ではなく、相手の行動を促す質問の効果を実感していただけたと思います。

他にも新たに2名の方から新たにパーソナルコーチを依頼され、少しでも多くのタイプのクライアント様のコーチをして経験をつんで行きたいと思います。

ということで、今日からまたこのブログも毎日更新を目指します。

もう一つ続ける決意をした「一日100回の腹筋」「1時間のウォーキング」は毎日がだんだん無理になってきて・・・・・。それを相殺するために、毎週土曜日か日曜日にはスポーツクラブで4時間くらい動き回ってきます。

もともと中高6年間バレーボールに熱中していた体育会系なので、中途半端な運動だと気持ちが悪くついついムキになってしまいます。でもその成果がすこしずつ現れてきて、二の腕を見せる季節が楽しみ~!

・・・・とこうやって公言してしまうことも続けるための秘訣ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近感じた悲しいこと

先日 あしなが育英会の募金活動を目にしました。

募金を呼びかける学生さん達が横一列に並んで道行く人に声をかけています。募金する側からみると、非常に圧迫感を感じ、近づく勇気が出せないような印象でした。そこで、お節介とはおもいつつ、その列の端に立っていた女子学生の方に、

「もうすこし少人数でバラけた方が近づきやすいですよ・・・。」と提案してみました。

すると、驚いたことに、こんな言葉が返ってきました。

「私たちもそう思うのです。本当はそうしたいのですが、でも少人数で並んでいると、嫌がらせをされたり、暴力をふるわれたりすることがあるんです・・・。」

なんと悲しいことではありませんか。困っている人や人のために役に立とうと思っている人達が、そんな嫌な思いをすることがあるなんて。

思いやりが育つ世の中だと信じたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強と同じくらい大切なこと

子供の日です。

青春真っ只中の子供達の間で今話題になっている映画を観ました。タイトルは「チェケラッチョ」

最後にちょっとだけジーンとくるのですが、全体を通して声をあげて笑える場面も多かったし、「あ~面白かった」と言って映画館を出てこられるような、単純明快、な楽しい映画でした。

舞台となっている沖縄の綺麗な海の景色や、地元の人々の素朴な笑顔も印象的です。

高校時代は勉強ももちろん大切ですが、それと同じくらいに夢中になれることがあって、友達とバカなことをやって、失敗してみたり、そんなたくさんの経験をしてほしいなぁと思いました。

自分の高校時代は、授業中は交換日記を書いたりしていたし、予習、復習はほとんどせず、試験勉強は一夜漬けだったし・・・・・子供に偉そうなことはとてもいえません。それでも一つだけ自慢できるのは、部活のバレーボールに熱中できたこと。、クラスメート以上に密度の濃い時間を過ごしたそのときのチームメートとは今でも定期的に会っていて、本音で語れる大切な仲間です。

子供達にもそんな仲間ができることを願っています。

ちなみに映画のタイトルの「チェケラッチョ」は Check it out! Yo! をラップ風に変えた発音のようです。

沖縄の方言かと思ってました・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者ことば

高校一年生になった次男と話していたときに、最近の高校生の言葉づかいが話題になりました。

卒業式を前に何人かに「告白された=コクられた」ようで、お断りするときにはどんな言葉で断るのか聞いてみました。

答えは

「無理!」と一言言うだけだとのこと。なるほどねぇ~。

相手を傷つけないようにいろいろ言葉をならべずに「無理」と一言いうだけで、告白したほうも、されたほうもすっきりしてしまうのかもしれません。

合理的といえば合理的ですねぇ・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子で未来を作るコーチング 参加者募集

 

私が参加している共育コーチング研究会が主催するセミナーのご案内です。受験生をお持ちの保護者の方、ぜひご参加ください。

「受験生をもつお母さんのための 今日から使える!会話術」~親子で未来をつくるコーチング~

自立して考え、さらによく会話できる親子を目指した会話術のヒントを、受験準備開始!ただ中!のお母さんと、もっと親子の会話で、未来について話し合いたいお母さんへ贈ります。

コーチングをつかった、今日からすぐ使える!会話術を体感し、親子の会話に生かしていただくことを目指します。父さんの参加も歓迎です。

【日時】  

1回目  6月8日 (木) 10:00~12:00(第一会議室)

2回目  6月22日(木) 10:00~12:00(視聴覚室B)

  *2回連続して参加することで、より具体的に、実感し身に着けるセミナーです。ご都合により8日のみ  

   の参加も承りますが、22日のみの参加は、内容の都合上お受けできません。                      

【会場】

東京ウィメンズプラザ  

【参加費】 

1000円

 

【お申し込み】  

下記項目をコピーしてでお申し込みください。

  E―mail kitamura@mh.scn-net.ne.jp  

FAXでのお申し込みは 020-4624-5716 まで

【主催】

共育コーチング研究会(セミナープロジェクト)

《セミナーお申し込み》***************************

 【御氏名】

 【お母さん    お父さん   丸印をお願いいたします】
 【お子様の年齢】
 【お子様の性別】 
 【住所】 〒

 【御連絡先:TEL&E-mail】 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の自然の中であれこれと・・・

今回の京都は自然の気からパワーをもらいたいと思って 世界遺産に指定されている

糺の森 下鴨神社と 上加茂神社 そして鞍馬寺を回ってきました。

若いときは都会の雑踏の中でお買い物をしたり食事をしたりすることがストレス解消でしたが、今は自然の息吹の中に身をおくことを好むようになりました。

特に、下鴨神社の糺の森は本当に素敵なところでした。樹齢200年から600年の樹木が沢山生い茂っていて、その間に清流が流れていて何時間でもボーっとしていたくなるようなところです。

お日柄が良かったせいかお宮参りや結婚式がいくつか執り行われているようで、こういうところで結婚式するのも素敵だなぁ・・・・と思いながら見ていました。

鞍馬寺は昨年まで放映していた大河ドラマ「義経」の舞台の一つです。主演していた滝沢秀明さんは私の地元八王子の出身なので、親近感があります。

ロープーウェイもあったのですが、せっかくだからと歩いて上ることに。本殿だけでなく奥の院まで行くことにしたのですが、途中ですぐに息が切れてしまいました。足元には木の根っこがむき出しになって血管のように生えていて、かなり歩きにくい道です。義経が牛若と名乗っていた幼い頃、兵法の修行のためこの坂を毎晩上って修行したそうですが、これなら橋の欄干をヒラリ飛び越える運動神経も気力も備わるだろうと納得してしまいました。

途中に「牛若丸息次ぎの水」というのがあるのですが、水が枯れていました。その脇の小さな手書きの板看板に「地球の環境が崩れているのでしょうか、水が枯れてしまいました。悲しいことです。」と書かれていました。う~ん、こんなところでも地球環境について考えることになろうとは・・・・・。

1時間くらい歩くと貴船に出て、そこからまた鞍馬に戻るために比叡電車に乗りました。この電車が単線でとても味わいがあります。線路の両脇には桜や紅葉の木が線路におおいかぶさるようにあって、それぞれの季節はきっときれいな桜と紅葉がみられそうです。

この駅の駅員さんがまた親切で、単線なので逆方向に乗ってしまわないように、一人一人にどちらにいらっしゃいますか?と声をかけて「次ぎは何分発ですよ」と案内していました。のどかでいいなぁ・・・・。

やっぱりサービスの基本は人として「親切かどうか」とか「感じがいいか」とかにつきるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「江戸の誘惑」浮世絵展

土日に思い立って京都と神戸に行ってきました。

友人が神戸に長期出張に行っていて、宿泊費がかからない・・という虫のよい理由もありましたが、今回の神戸の目的は「神戸市立博物館」で開かれている「江戸の誘惑」という浮世絵の展覧会を観ることでした。

Photo この展覧会はボストン美術館が所蔵する浮世絵の膨大なコレクションの中から、特に希少価値の高い肉筆の浮世絵の名品を世界で初めて公開するもので、とても楽しみにしていました。

期待以上の内容でした。

素晴らしい美術品を見て、いつぞやも書きましたが、「国家の品格」の中で語られているように、日本人は欧米にコンプレックスを抱くことなく、自身を持って日本人であることを誇りに思うべきと、つくづく感じました。

そもそも私が浮世絵に興味をもつようになったきっかけは、空港で仕事をしていた20年前にある外国人の同僚から

「広重の浮世絵のレプリカが欲しいけれどどうやったら手に入れることができますか?」と聞かれ、「広重」さえも「誰それ?」という反応をしてしまい、とても恥ずかしい思いをしたことがきっかけです。

「国家の品格」の中では「幼児期の英語教育の必要性」がとりあげられ、日本人としての軸を作る幼少期には、英語を学ぶよりも本を読み、常識を学び、見識を広めつことが重要だというようなことが書かれていたと思います。

よく言われているように、「外国人に尋ねられたときに自信をもって日本文化について語れることができなければ真の国際人として通用しない」というのは私の体験からも本当にその通りだと思います。

そしてもうひとつ、浮世絵を鑑賞するときの楽しみは着物姿の色あわせを見ることです。今回の肉筆の浮世絵には「太夫」と呼ばれる花魁が数多く描かれていて、一般庶民とは違うとても豪華な着物姿が印象的でした。

ちなみにこの展覧会は着物で出かけると当日料金が半額になるようです。

また会場では解説を聞くことができるレコーダーを500円で貸し出してくれますが、この解説も落語家の方が担当されていて、とても味があってお勧めです。

この浮世絵「江戸の誘惑」の展覧会は今後

6月17日(土)~ 8月27日(日) 名古屋ボストン美術館

10月21日(土)~12月10日(日) 江戸東京博物館

と巡回するそうですのでお近くの方はぜひ足を運んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »