« B級グルメの雄「味芳斎」 | トップページ | 口コミの威力 »

変な日本語

このところいろいろなところでよく話題になっているので、あえてブログでは書かなかったのですが、変な日本語で接客を受けることがあります。

電話応対などで 「~でよろしかったでしょうか?」

いろいろな場面で「~のほう

レジで会計するときに 「~からお預かりします。」

レストランでお料理をだされるときに 「~になります。」

一説によるとこの言い回しはそれは、それでもう市民権を得ているからあえて否定する必要はない、という人もいます。きっと若い人たちはまったく気にしないでしょうし、どこがいけないのかもわからないと思います。

でも、やっぱり私には耳障りです。

先日、深夜のテレビショッピングを見ていて、もうひとつ変な日本語を聞きました。その番組は商品紹介のの間に、その商品を購入した人の電話をライブでつないで、その商品を選んだ理由や番組に対する感想などを流しています。

一通り話し終わったところで、ナビゲーターの女性が切り際に、

「また、どうぞお電話つないでくださいましね~」と言っています。

かかってきた電話をつなぐのは、番組側なのに・・・・・。となんだかこれも変な言い方に聞こえました。

「またどうぞお電話お待ちしております」がすんなり耳にはいってきますが、いかがでしょう?

そして、あのテレビショッピングのナビゲーターの人たちのテンションの高さには恐れ入ってしまいます。とくに深夜になんとなく観ているときに、時々あまりのハイテンションについていけないこともあります。でも、逆につられてオーダーしてしまうことも事実ですが・・・・・。

|

« B級グルメの雄「味芳斎」 | トップページ | 口コミの威力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/9067904

この記事へのトラックバック一覧です: 変な日本語:

« B級グルメの雄「味芳斎」 | トップページ | 口コミの威力 »