« ポイントは「感じがよい」こと | トップページ | 未完了を完了させる »

SAYURI

映画SAYURI」を観て来ました。

スピルバーグが日本の文化をどうやって表現するのかとても楽しみでした。前評判がよかったので、事前期待も大きかったのですが、見終わった後は「恐れ入りました!」って感じです。

映像やカメラワークがとても美しく、エンターテイメントとして完成度が高く、楽しめます。ところどころ、着物の着付けや作法など「ちょっと変かな?」と思うところもありますがそんなことはどうでもよくなってしまうほど、惹きつけられます。主役のチャン・ツィイーは LOVERSでは激しい拳法や中国の舞踊を見せていましたが、今回も日本舞踊をしなやかに踊っていました。子供の頃舞踏学校で学んでいたとはいえ、まさにプロ根性!

日本の俳優、渡辺兼・役所広司・桃井かおり・工藤夕貴もそれぞれ印象的ですが、一番印象に残ったのは、主役のSAYURIを一人前の芸者に育てる「豆葉」役を演じていたミッシェル・ヨーでした。着物がとても似合っていたし、身のこなしもとても素敵で女が惚れる女って感じでした。

2年前から着付けを習い、一人で着物が着られるようになり、はじめの頃は嬉しくて、どこに行くにも着物を着ていた時期がありましたが、最近ちょっとサボっていたので、このお正月はまた着物を楽しもうと思っています。

「SAYURI」のオフィシャルサイト→http://www.movies.co.jp/sayuri/ (このサイトもとても美しいので一見の価値ありです。)

|

« ポイントは「感じがよい」こと | トップページ | 未完了を完了させる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/7890266

この記事へのトラックバック一覧です: SAYURI:

» ジャンル別の映画情報! [フィルムナビ〔film-navi〕]
CSあれこれ様、SAYURIのトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さい。お待ちしております!... [続きを読む]

受信: 2005年12月29日 (木) 15時00分

« ポイントは「感じがよい」こと | トップページ | 未完了を完了させる »