« 認定コーチ資格取得&インターネットサイトオープン | トップページ | ワタミの介護ビジネス その2 »

色が持つ力

おとといからアップしている「カスタマーズ・アイ」コーチング&コミュニケーションのサイトのテーマカラーは「オレンジとグリーン」です。皆さんはこのカラー構成をどんな風に感じられましたか?ほとんど直感的に決めたのですがいかがでしょう?

今日はすこし色のお話を書きます。

生産性の船のブロックリーダーで乗船すると、今まで知らなかった業界やさまざまな仕事をしている人に出会うことができ、そこから新しく学ぶことも多くあります。研修期間中はなかなか一人一人の団員の方とゆっくりお話する時間がありませんが、今はメールや掲示板、ブログなどさまざまな方法でコミュニケーションすることができます。

今回も研修を終えて帰国してから、多くの方といろいろな情報交換をさせていただいています。

その中のお一人で、色について(とくに可視光線の分光特性、色彩心理学、眼球の構造、色を認識する脳の働きなどなど)学んでいらっしゃるKOさんから興味深いメールをいただいたのでご紹介します。特に私が興味深かった部分をご本人のご了解を得ましたので抜粋して載せたいと思います。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 目から入った可視光は目のレンズで分光され、RGB(レッド。グリーン、ブルー)の三原色になります。網膜にはRGBそれぞれに対応する、受光体があり、RGBそれぞれの光の強さが脳に微弱な電気信号として送られます。脳は送られた電気信号を元にRGBそれぞれの光の強さから色を認識し合成します。RGBの光の強さが同じ場合は強さの度合いによって、白~黒までの無彩色と判断します。

 つまり色は脳で作られるのです。色を認識できない動物と人間の眼球は大差はありません。信号を受け取る脳に大きな違いがあります。ちなみに女性の方が男性よりレッドの受光体がやや多く、赤の認識に優れています。これは赤ちゃんの顔色を判別するためではないかと考えられており、実際に顔色の判別は女性の方が優秀です。

色を認識する脳の発達は赤ちゃんから幼児の間だといわれています。ほとんどの色盲や色弱は眼球の異常ではなく、何らかの脳の異常だということが最近の研究でわかってきたそうです。

小さい頃、色や光のない空間で生活すると、色を認識できないことが、猿を使った実験で証明されているようです。人間でも、色の認識は幼児までに、ほぼその発達を終えると言われてます。脳細胞の数もこの時期に最大になるようです。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

色は脳で作られるというフレーズにとても興味を持ちました。ハーマンモデルの脳の優勢度分析手法を学んでから「脳」のことをもっと勉強したいとおもっています。(と言いつつちっとも進んでいないのですが・・・・・。)

私が研修期間中に着ていたほとんどの洋服がグレー(白~黒)系だったのを覚えていてくださって、それらの色を好む人はニュートラルでありたいと願っていて、仕事柄グレーを身につけるのは色彩的にも理にかなっているとのコメントをいただきました。と同時に、もっと色を楽しんでは?というご提案もいただきました。私のワードローブのアクセントカラーは、赤、オレンジ、サラダグリーンですが、今日はそれ以外に今まで身につけたことがなかった色を試しにデパートにお洋服探しに行って来ようかな?

KOさんがおっしゃるには、色には不思議な力があり、人間が色を感じられるのは脳が発達しているからで、それは生きるために必要不可欠だったからとのこと。確かに色には不思議な力があります。コーチングのセッションでもアイスブレークで「今日の気分を色で表すと何色でしょう?」という質問をして、その人のその日の心理状態のヒントを得ることがあります。

さて、KOさんからはカスタマーズ・アイのサイトのオレンジとグリーンのテーマカラーについては次のようなコメントをいただいています。 

「緑は平和、調和、健康、成長、希望などを表現すると思います。平和主義的な政党は世界中どこでもシンボルカラーは緑が多いですね。オレンジはその色から太陽や果実を連想するので、成果、達成、エネルギー、歓びとかです。石油屋さんは赤~オレンジ系のイメージが多いですね。ですから色訳すると、希望を持ち、調和しながら成長する。成果を達成して共に歓ぶ。かな?」

テーマカラーは直感で選んだのですが、結果的にコーチングを通して一人でも多くの人と「成果を達成して共に喜ぶ」ことができることを願っています。

|

« 認定コーチ資格取得&インターネットサイトオープン | トップページ | ワタミの介護ビジネス その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 お探しの色はみつかりましたか?
色を改めてじっくり見るとなかなかイメージの色がないのにお気づきになると思います。
そう世間には、色があふれているのになかなか良い色彩がないのです。
私も職業病?でなかなか気に入る色が見つからず苦労します。製品問わず、良い色のものは何でも高い!
センスの良いお店やホテルなどでじっくり色を観察するのも脳の刺激と色彩センスの良い勉強になります。
選ばれた色には必ず理由と何らかの主張があるからです。
色を感じて楽しんで下さい。

投稿: KO | 2005年12月 7日 (水) 15時47分

KOさん、コメントありがとうございます。色を試しに行ったのですが、相変わらず目につく洋服は黒や白のものばかりです。茶系の色はほとんど身に付けたことがないのですが、次回は勇気をもって試してみます。

投稿: 宮澤美恵子 | 2005年12月 9日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/7443631

この記事へのトラックバック一覧です: 色が持つ力:

« 認定コーチ資格取得&インターネットサイトオープン | トップページ | ワタミの介護ビジネス その2 »