« 生産性の船 4日目 上海寄港地活動 | トップページ | 生産性の船 6日目 ブロック別研修と沖縄入港 »

生産性の船 5日目 結団式とブロック別研修スタート

11月4日

今日の午後から本格的なコース別研修のスタートです。朝デッキを歩きながら今日はどんな進め方をしようかあれこれ考えながらイメージを作っていきます。

午前中は結団式・避難訓練・団長講和、そして午後から本格的なコース別研修がスタートします。

一日目のところで、書きましたが本来なら夜中の2時に出航しているはずが、霧で出航停止命令がでたため船はまだ港に停泊しています。そのため避難訓練のスタートも本当なら大きな音でサイレンが鳴るのですが、今回は館内放送に変わりました。避難訓練は飛行機と違い実際にライフベストを着用して全員デッキに集合します。これは船ならではの貴重な経験です。

午後はブロック別研修。今回もスタートは「紙の塔を作る」から。このゲームの目的は限られた時間で成果をだすためのディスカッションの進め方を学び、そして初対面の人達がわいわいがやがやディスカッションができる環境づくりです。

このゲームをすると、はじめにどんな成果を出すのか明確なイメージを作ることの大切さがわかります。毎回同じですが一番高い塔を作るチームは、初めに何段の塔をどんな形で作るのかを決めてディスカッションに入り、作業の分担を決めています。塔のデザインも毎回ほとんど同じです。

やっぱり何か一定の法則があるのを実感します。

今回面白かったのは、天井の隙間に△に折った紙をはさんで、高さは一番高いという主張があったことです。なるほど~。たしかに塔の一番下はテーブルの上についていなければいけないというルールはなかったので一理あります。でもこの主張は却下。 ごめんなさい。ただおもしろい発想だなぁと思いました。こういう自由な発想が新しい製品やプロセス作りには欠かせないと思います。

その後は事前研修会でお伝えした内容をふり返り、最後にCー2チームの細井さんから申し出があったサンプル配布と製品アイデアのアンケートの時間に充てました。

細井さんが勤務する「株式会社 池田模範堂」は虫さされの薬「ムヒ」をはじめとするかゆみ止めのトップブランドです。社長からは何か画期的な新しい製品を生み出せ!と言われ、日々いろいろなことを考えているそうです。今回は事前研修会の後に細井さんから「自社製品のサンプルを配って製品開発のアンケートを取りたい」という依頼がありました。皆さんには他にこのような申し出がなかったので、細井さんの積極的な申し出を尊重したいということをブロックメンバーの皆さんに了解してもらいました。

お客様の声を聞く一つのツールであるアンケートですが、その結果を公表しなかったり、何の改善もみられないとお客様は失望し二度とアンケートに協力しなくなってしまいます。これをアンケート公害と言います。細井さんには、アンケートの結果はなんらかの形で協力してくれた人に伝えて欲しいというお願いをしました。会社に持ち帰り、検討し、もし了解がとれれば私のブログでも結果を公開しても良いといってくれています。楽しみです。

研修で毎回お伝えしている「アンケート公害」のことをライブの形で伝える機会がもててよかったです。アンケートをしたいと積極的に申し出てくれた細井さんにも、そして同意して協力してくれたメンバーにも感謝したいと思います。

沖縄に向けて少しでも時間短縮を目指しているのか、夜中に船がすこし揺れて目が醒めました。明日はすこし船酔い人がでるかもしれません。

|

« 生産性の船 4日目 上海寄港地活動 | トップページ | 生産性の船 6日目 ブロック別研修と沖縄入港 »

生産性の船・洋上研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/7071970

この記事へのトラックバック一覧です: 生産性の船 5日目 結団式とブロック別研修スタート:

« 生産性の船 4日目 上海寄港地活動 | トップページ | 生産性の船 6日目 ブロック別研修と沖縄入港 »