« Quality Journey~終わりなき改善の旅 | トップページ | 恩師のことば »

ドラフト会議のドタバタ

今週火曜日に高校生のドラフト会議で起ったハプニングをご存知の方も多いと思います。ご存知ない方はこちらから検索してください。(検索窓にドラフト会議と入力すればいくつか関連記事が出てきます)

あの紛らわしい書き方では当然起るべくして起ったという感じです。いろいろ原因はあるのでしょうが、まず、主催者からくじを引く監督に対しての情報提供と確認が足りなかったこと。そして、外国人監督もいるのに日本語で書いてあるのはなんとも不親切だと思いました。

単純に誰がみても間違いのない 赤>当たり=交渉権獲得 白>はずれ など色で判断するような方法にしないとまた同じことがおきそうですね。

昨日も書いたようにミスが生まれるような仕組みやプロセスに問題ありです。

それにしても今週はプロ野球をめぐるいろいろなニュースが飛び交いました。

田尾監督の交代はショックだったなぁ・・・・。結果は結果ですが一年目で早くもクビとは!あの人なつっこそうな笑顔は好印象です。笑顔と言えば、巨人の原監督の復帰は素直に嬉しい。

リーダーってやっぱり周りに与える印象も大切だと思うのですよね・・・・・。堀内監督は選手としては素晴らしかったし、もしかすると人柄も良いのだと思うのですがあの気難しそうな顔をみていると「楽しく!!!!」というムードからは程遠いです。

それは子供にもわかるらしく、巨人ファンの我が家の息子達でさえ、「堀内はちょっとね・・・・原監督が帰ってこないかなぁ~」と言っていました。周りをどれだけ引き付けられるか。これが成功するリーダーだと思います。

そしてやっぱり私の理想のリーダーは「シャクルトン」 詳しくは8月13日のブログに書いてありますので読んでください。

そう、笑顔といえば、今回の研修に参加する一つのチームが、検討課題の方向性として「笑顔」をテーマに取り上げていました。「お客様の笑顔」「社員の笑顔」どんな瞬間に笑顔になるのか、その笑顔を作り出す仕組みやプロセス、情報共有の方法など、議論が広がりそうで楽しみです。

楽しい気持ちや笑顔で仕事をしていると、脳からα波がたくさん出て、独創的でユニークなアイデアが湧き出てくるのだそうです。研修を通して私も笑顔を大切に進めていきたと思っています。

|

« Quality Journey~終わりなき改善の旅 | トップページ | 恩師のことば »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/6313343

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフト会議のドタバタ:

« Quality Journey~終わりなき改善の旅 | トップページ | 恩師のことば »