« 忘れられないお客様 その11 | トップページ | 忘れられない お客様 その13 »

わすれられないお客様 その12 ロールモデル

皆さんもお手本にしたいと思うロールモデルがいらっしゃると思います。

私にも何人か素敵なロールモデルがいます。その中の一人で、働く女性としてのロールモデルとなったのが、これから書くお客様です。相手に対する気配りのツボを教えてくださった人です。

ブリティッシュエアウェイズでは一人旅のお子さんを特別にケアするスカイフライヤーズというプログラムがありました。

そのお客様のお嬢さんも小学校4年生から英国の学校に留学するとのことで、ご相談に乗ったのがご縁です。フリーのPRアドバイザーとして、主にフランス語圏の企業や団体の日本でのPR活動の仕事をされていました。 いくつもの名刺をお持ちで、颯爽としていて、でもツンとした嫌味な感じがなくて、、そして母親としてもお子さんに細かい気配りをされていて、すごいなぁ~と思いました。

初めは電話だけのお付き合いでしたが、一度お目にかかりたいとのことでランチをご一緒したことがありました。その時も初対面の私にとても気をつかってくださって、お嬢さんのご旅行の手配が無事に済んだ事をとても感謝してくださいました。当たり前のことをしただけなのに・・・・・と恐縮してしまいます。

その後も季節ごとに、カードやお葉書を送ってくださいました。

今のようにメールがまだそれほど普及していなかったこともあるのでしょうが、手書きでメッセージが書いてある素敵なカードをいただくと本当に嬉しくなります。まして、仕事と子育ての両立でお忙しいのに、時間の使い方もきっと上手な方なのだと思いました。

今はメールが便利に使われています。でもやっぱり手書きのハガキや手紙をもらうと、とても心が和みます。そのカードを読んでいるときの、相手のことを想像しながら書く時間は、自分にとってもとても大切な時間になります。 

ちょっとしたことですが、そういう習慣をこれからも大切にしてゆきたいと思います。

|

« 忘れられないお客様 その11 | トップページ | 忘れられない お客様 その13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/5652045

この記事へのトラックバック一覧です: わすれられないお客様 その12 ロールモデル:

« 忘れられないお客様 その11 | トップページ | 忘れられない お客様 その13 »