« お薦めのビデオシリーズ | トップページ | ハーマンモデルについて 続き »

ハーマンモデルについて 

私のプロフィールに「ハーマンモデルファシリテーター」と書いてありますが「これって何ですか?」というご質問をいただきましたので今日はハーマンモデルについて書こうと思います。

ハーマンモデルとは何か?

人に「利き手」があるように、人の脳にも「利き脳」があります。人が意思決定するときには脳のどの部分を使って意思決定をしているのかということがわかるツールが「ハーマンモデル」です。開発したのはGEの能力開発部長だったネッド・ハーマンです。

脳は「左脳の上」「左脳の下」「右脳の下」「左脳の下」と4つのパートに分かれます。あらかじめ用意された120の質問に答えることで意思決定をする際に、この4つのパートのどの部分を最も多くつかっているのかが分析できます。

まず、自分の脳の優勢度を分析し、自分の強みと弱みを知ります。この分析を受け、解説を読むことで、自分が日ごろ接する相手、上司、お客様が意思決定をする際に脳のどのパートを使っているのかを、予測することができるようになります。

「どの部分が強いから良い」とか、「どの部分が弱いから悪い」ということではありません。強い部分をさらに強く、弱い部分はもっと強くなるように思考パターンや行動を変えることで、人は変わって行きます。

また、それぞれのパターンを理解した上で、その相手と接する時にアプローチの方法をその人に合う方法になるように工夫したり、変えたりすることで、円滑なコミュニケーションや交渉ができるようになります。

ハーマンモデルの有効性

私はこの分析を受けて、自分の弱みを強みに変える努力をするようになりました。また、苦手な交渉相手についても、まずは「受け入れる」ということができるようになりました。つまり、相手のストライクゾーンがどこなのかを想像してアプローチすることができるようになりました。

このハーマンモデルを活用して多くの企業がコミュニケーションマネジメントや・組織改革・チームワークビルディングなどに効果を出しています。全世界の200万人以上の人がこの分析を受け、自己変革へのきっかけ作りをしています。IBM、インテル、P&G、コカコーラ、キャンノン、マイクロソフトなどの有名企業でも導入されています。また全米で50以上の博士論文により、その有効性が支持されています。

交流分析やエニアグラムなど他にもさまざまな自己分析ツールがありますが、ハーマンモデルはその中でも創造力の開発に適していると考えています。

ファシリテーターとは?

ファシリテーターはこのハーマンモデルをセミナーなどでご紹介したり、分析した結果を個人や企業の課題解決のツールとして活用しご提案をすることができる資格です。

このブログの限られたスペースではすべてをご紹介しきれません。分析を受けてみたい、もっと詳しく知りたいという方は、下記までご連絡お待ちしています。

メールアドレス customers-eye@nifty.com

|

« お薦めのビデオシリーズ | トップページ | ハーマンモデルについて 続き »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/5368656

この記事へのトラックバック一覧です: ハーマンモデルについて :

« お薦めのビデオシリーズ | トップページ | ハーマンモデルについて 続き »