« 日航123便 御巣鷹山の事故から20年 | トップページ | ビジョンメイキング »

夏休みにお薦めの本 

夏休みは自宅で読書という方も多いと思います。暑い夏に南極をイメージし涼しい気分に浸りながら、理想的なリーダーシップについて考えてみませんか?

私が理想とするリーダー像が描かれている本をご紹介します。

史上最強のリーダー シャクルトン

簡単にストーリーをご紹介します。1914年8月。探検家シャクルトン率いる大英帝国南極横断隊はイギリスの港を出港し南極を目指します。しかし、彼を含めた28名の乗組員はウエッデル海で分厚い氷塊に閉じ込められてしまいます。船を捨てボートに分乗し、その時点で隊のミッションは「南極を目指す」から「全員生きてイギリスに帰る」に変わりました。

どんな絶望の淵にあっても、シャクルトンは隊員をまとめ、生きて帰れるという希望を与え続けます。そして二年後、全隊員は故郷イギリスに奇跡の生還を果たします。シャクルトンは伝説のリーダーとなりました。

ボートに乗るメンバー構成などもそれぞれの個性を見抜き、最大限のチームワークが発揮できるような組み合わせにしたり、時には一対一で対話をしたり、本当にこのリーダーについて行きたいを思わせる理想的なリーダー像が描かれています。

それぞれの章の終わりには、「リーダーシップの磨き方」とか「忠実で結束あるチームの作り方」とか「個人の長所の伸ばし方」などのヒントが簡潔にまとめられていて、その部分を読むだけでも価値があります。また、世界中の著名なリーダー達が、「シャクルトンに学ぶ」として自分自身の苦難の時にシャクルトンの行動を参考にどのようにそれを乗り超えたかが紹介されています。例えば「アポロ13号」のラベル船長もその一人です。

「一冊で3度おいしい」 という構成の本です。

組織や仕事で壁にぶつかった時やへこんでしまった時に、ふと開いてみると勇気がでてくる本です。

|

« 日航123便 御巣鷹山の事故から20年 | トップページ | ビジョンメイキング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/5454128

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みにお薦めの本 :

« 日航123便 御巣鷹山の事故から20年 | トップページ | ビジョンメイキング »