« 忘れられないお客様 その4 | トップページ | お気に入りの印刷サービス »

苦情が買われる時代

少し前に朝の情報番組をみていたら苦情・クレーム博覧会というサイトの紹介をしていました。http://www.kujou906.com/

これは福井県商工会議所が主催しているサイトです。サイトの副題が「福井県商工会議所 ビジネストレジャーハンティング事業」となっていて次のように書いてあります。

「あなたが日頃、商品やサービスで不満に感じていることありませんか?そうした苦情や不満を福井商工会議所に売って下さい。 苦情は次の新しい製品やサービスを生み出す為の大事な宝です。そんな宝をあなたに代わって福井商工会議所が企業に買って頂きます。」

トレジャー=宝物です。宝の山である苦情を活用しようという仕組みです。

簡単にご説明すると、一般消費者がこのサイトにログインして日ごろ感じて商品やサービスに関する、さまざまな不満や提案を書き込みます。それを福井県商工会議所が提案の内容に応じて買い取ってくれます。買い取った不満や提案内容を企業が見て(有料)、自社の商品やサービスの改善アイデアとして活用して行きます。

・消費者にとってはー不満や提案を公に発言でき、かつ時にはそれが時には報酬にもなる

・企業にとってはー高い費用をかけて市場調査をするよりお客様の生の声が聞け、内容によっては特許がとれるような新商品の開発につながる

・福井県商工会議所にとってはー地元企業の活性化につながる

とまさにみんなハッピーのWIN-WIN-WINの関係が成立します。

私は仕事柄 レストランなどで食事をしていると、いつもいろいろ苦情や提案をしがちなのですが、時には家族や友達に「はずかしいからあまりそういうことは言わないで」とたしなめられてしまいます。これからはこのクレーム博覧会に応募して、モヤモヤを晴らします。

|

« 忘れられないお客様 その4 | トップページ | お気に入りの印刷サービス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/5016727

この記事へのトラックバック一覧です: 苦情が買われる時代:

« 忘れられないお客様 その4 | トップページ | お気に入りの印刷サービス »