« お気に入りの印刷サービス | トップページ | CS推進のツボ その1(正しいことを正しいやり方で) »

ネイルアートサロンでのCS体験

今日は6月29日のブログで書いたネイルアートサロンでのちょっとしたCS体験について書きます。

翌日から洋上研修を控えて、10日間家事から開放される私は、生まれて初めてネイルアートのお店に行きました。いろいろデザインを見せてもらい、気に入ったデザインが決まりました。その時に、左手の指の爪はある程度の長さがありますが、料理や洗濯で酷使している右手はどの指もあまり綺麗に伸びていません。そこでネイルアーティストの人に相談しました。「やっぱり付け爪をつけなければダメかしらねぇ」

DSC00467するとその方が言うには、「お客様が選ばれたデザインなら爪の長さがなくても素敵に仕上がりますから大丈夫です。初めてなので最初から付け爪をするよりも、まずはネイルアートをお試しでやってみて気に入れば次の機会にまた試してみてください。」

もしかしたら、付け爪1本1000円X3本 3000円の売り上げにつながるハズだったのに、こうやってお客様の視点で的確な提案ができるのはなかなかできることじゃぁないと思いました。

確かにあの時プラス3000円の出費になっていたら、「何だか高いなぁ・・・・」という印象になって、また繰り返しそのサロンに行く気にならなかったかもしれません。やっぱり一回だけのお客様より繰り返し足を運んでいただけるお客さま=ファンをどれだけ増やせるかが鍵ですね。 

・・・・・ ということでまた今日も例のサロンに行ってしまった私でした。

|

« お気に入りの印刷サービス | トップページ | CS推進のツボ その1(正しいことを正しいやり方で) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118007/5056494

この記事へのトラックバック一覧です: ネイルアートサロンでのCS体験:

« お気に入りの印刷サービス | トップページ | CS推進のツボ その1(正しいことを正しいやり方で) »